Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/evolutioner/hondavezel-life.net/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/evolutioner/hondavezel-life.net/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/evolutioner/hondavezel-life.net/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 844
ホンダヴェゼルハイブリッド 2018年のマイナーチェンジ後の乗り心地と評価は?燃費の違いは? | ホンダヴェゼルライフ

ホンダヴェゼルハイブリッド 2018年のマイナーチェンジ後の乗り心地と評価は?燃費の違いは?

初期モデル発売から4年を経過したヴェゼル

2018年2月にマイナーチェンジを行い、車としての熟成度が増し、さらに人気が加速しました。
マイナーチェンジは成功と言っていいでしょうね。

そんなヴェゼルの2018年のマイナーチェンジ後の乗り心地、評価、燃費について見ていきたいと思います。

ホンダヴェゼル2018年のマイナーチェンジとは?

今回のマイナーチェンジの内容を前モデルと比較しながら見ていきます。

外観

・フロントバンパーやグリルのデザイのが変更。

・全長35mm伸び、車両重量が軽量化。

・ボディーカラーの変更。

旧モデルから引き継いだカラーが5色、新しいカラーが3色。

・テール部分へのメッキのガーニッシュの追加。

インテリア

・シートの形状の変更

・シートカラーの変更

・iPhoneやAndroidなどのスマートフォンをUSBで接続できる「Apple CarPlay」「Android Auto」。

・室内灯も全グレードでLED。

エンジン

・ハイブリッドシステムのチューニンのを変更。

・4WDシステムの駆動力の制御をチューニング。

安全

・全車にホンダセンシングが標準装備。

 

それほど大きなマイナーチェンジではありませんでした。
今回のマイナーチェンジは、モデルチェンジに向けての最終段階ということもあり、細かい部分が微調整され、全てにおいて完成度の高い仕上がりとなりました。
ですが、競合車種と比較してしまうと、足りない装備がまだまだあります。

ホンダヴェゼル2018年のマイナーチェンジ後の乗り心地は?

初期モデルは、加速時のもたつき、ゴツゴツし、突き上げるような足回りの硬さが印象的でしたが、マイナーチェンジ後は大きく改善されています。

実際に試乗した際の乗り心地の感想と評価をまとめてみました。

・「加速時は、もたつき感もなくなり、実に気持ちよく加速していきます。」

・「ドタバタ感あった硬いだけの足廻りは、トントンと軽快に段差を捌ける脚にバージョンアップ。」

・「足回りも見直され、リアの突き上げ感が減っています。」

・「加速時はほぼリアも駆動しているようですね。」

・「車重が軽くなったのに重厚感があります。」

・「別の車に生まれ変わった。」

・「ハイブリッドzに採用された運転席8ウェイパワーシートが便利に感じました。」

・「パドルシフトを使えばマニュアル車感覚で気持ちよく走れます。」

・「i-DCDがかなりなめらかで、シフトチェンジの際のショックはほとんど感じません。」

・「雪上でもドライバーの意図に合った走り方をするから、あまり余計な気を使わずに済む。」

・「ホンダセンシングが標準装備というのは魅力的。」

・「長距離運転が非常に楽になりました。」

・「市販車で車高が高めの車としては、ハンドリングがかなり良い。」

・「やっぱり足回りが硬い感じがする。」

・「期待外れ。」

様々な意見がありました。

全般的に良くなったという意見が多いです。
その結果が、販売台数になって現れていると思います。
中でも注目したいのが、車両重量が軽くなったのに重厚感を感じられる乗り心地ということは、安定感がより増したという証拠だと思います。

期待外れという意見もありましたが、ターボモデルの追加やホンダセンシングの充実などを期待していた人はとても多いと思います。
私も若干その気持ちがあるので、なんとなくわかりますが、今回のマイナーチェンジは現状の状態でバランスを整えるという意味合いが強いのかなと思います。
次回のモデルチェンジに向けてのベース作りという意味もあると推測します。

 

マイナーチェンジ前を知らない人からも人気を集め、知っている人からすると、感動を覚えるくらいの変化ぶりだと私は思います。
ファミリーカーとして乗る分にも受け入れられる完成度だと思います。

コンパクトSUVという新しいジャンルに対して、これだけ完成度が高く、この値段というのは、他のメーカーでは実現きないような気がします。

今後のモデルチェンジについての情報はほとんどありませんが、ヴェゼルがどう変化していくのか楽しみな部分でもあります。

ホンダヴェゼル2018年のマイナーチェンジ後の評価は?

引用:http://car-report.jp/blog-category-7.html

初期モデルのヴェゼルと比較すると、少し値上げされましたが、各グレードともにハイブリッドシステムや燃費などの機能が向上しています。

実際に試乗した際のみなさんの評価は?

・「ファミリーカーとして実に良い車です。」

・「発進時の加速は必要十分。」

・「前期でガッカリした項目ですが、ここは大幅に洗練されてました。」

・「コストパフォーマンスはかなり向上しています。」

・「車両全体のバランスがいい。」

・「このクォリティで300万を切っているので、コストパフォーマンスは高いと思います。」

・「新しく追加されたボディーカラーは落ち着いて、車の雰囲気が変わった。」

・「オートハイビームも標準装備になってくれると良かったな。」

・「ターボモデルがでてほしかった。」

・「RSグレードに4WDがでると思ったんだけどな。」

・「フィットのマイナーチェンジと同じ内容かな。」

・「ダウンサイジングターボが主流になってきているので、次のヴェゼルには期待したい。」

ご覧の通り、厳しい意見も多かったです。

この意見は、次に活かさないといけませんね。
次のモデルチェンジには全ての意見が実現するはずです。

良い意見として、ファミリーカーとして受け入れてもらえていることです。

ジャンルを問わず、クーペとSUVを融合させた新しい車の形というヴェゼルのコンセプトにばっちりマッチしているところは嬉しいことです。
ホンダとしては予想通りの車作りができたと思います。

旦那さんはスポーツテイストが欲しいけど、奥さんは楽に運転できる車がいいと意見が分かれてしまいがちですが、ヴェゼルはそのどちらも解決してくれるわけです。
それが核家族化が進む現代背景にマッチしたとも言えます。

今までにない新しい車の形と言ってもいいと思います。

ホンダヴェゼル2018年のマイナーチェンジ後の燃費は?

年々燃費が向上している自動車業界ですが、今回のヴェゼルのマイナーチェンジでは、残念ながら燃費について大きな変化はありませんでした。
30km/hという燃費の車種が販売さているだけに、残念な結果となりました。

ガソリン車の燃費が1km/hアップし、ハイブリッド車は、変更ありませんでした。

少しだけガソリン車の燃費があがりましたが、ガソリン車としてコンパクトSUVで比較すると、ヴェゼルの燃費はトップです。
ガソリン車のエンジンについては、さすがのホンダと言えるでしょうね。
低燃費のエンジンというと、ホンダの技術力は日本でトップと言っても良いでしょう。

ハイブリッドばかりに目がいきがちですが、ガソリン車で比較すると、また違った見方ができると思います。
ハイブリッド車とガソリン車の燃費の差についてどう捉えるかが大きな問題となります。

燃費の数値ばかりにとらわれず、あくまでも判断材料の一つとして考え、ご自身のライフスタイルに合わせた車選びをしてほしいですね。

まとめ

マイナーチェンジにより、確実に進化し、外観、乗り心地、燃費とバランスがとて、完成度の高い仕上がりとなりました。

まだまだ改善する余地は残っているので、今後のフルモデルチェンジは大いに期待できると思います。

 
 

新車のホンダヴェゼルを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?


「このホンダヴェゼルを買いたいんだけど予算オーバーだ…」
「ヴェゼルを値引きして安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒くさい…」
「ホンダヴェゼルの新車をお得に最安値で買いたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ホンダヴェゼルの購入を検討しているけど
悩んでいる・・・
という方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

新車ヴェゼルを買うときに、ディーラーに値引きしてもらうしか方法がないと思っていませんか?
「値引き額からさらに30万値引きする方法なんて本当にあるの?」

というのも私は以前そう思っていたんですが、この前友人の話を聞いて

「えっ、そんな方法があるの!?」
「ヴェゼルの値引き額って60万円ぐらいが限界だと思っていたのに、さらに30万の値引きができる方法があったなんて・・・」

とトンカチで頭をガツーンと殴られたような衝撃を受けました。

あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。

新車ヴェゼルの値引き額の限界からさらに30万円以上値引きする方法とは?

その友人も私と同じように、
「新車を買うならディーラーにいかに値引きさせられるかがポイントだよね」
って思っていたようです。

で、実際ディーラーにヴェゼルを買いに行ったら、最初280万円って提示されたらしいんです。

友人も「まーそんなもんかな」と思いながらも、ディーラーの営業マンに

友人
友人

値引きできませんか?ヴェゼル買うならココってきめているんで

って交渉したようです。

そしたら、20代半ばの営業マンからは

営業マン
営業マン

バックモニターやカーナビのディーラーオプションをつければ、30万円は値引きできますよ

と返答があったみたいです。

友人
友人

280万円から30万円を値引きしてもらえれば、250万円か・・・

と友人は心の中でブツブツつぶやき、、、

ですが、250万円は切りたいと思っていたみたいで、

友人
友人

もう少し値引きしてもらうことはできませんか?

としつこく粘ったようです。

ディーラーの営業マンはそう来ると思いましたよ
と言わんばかりに、、、

営業マン
営業マン

それでは、あなたの愛車を20万円で下取りしますよ。

と提案してきました。

友人とすれば、
50万円(30万円+20万円)も安くしてくれたわけですから、嬉しくないはずはありません。

その表情を営業マンは見逃さなかったみたいですね。

営業マン
営業マン

ぜひあなたにこのヴェゼルを買っていただきたいので、いま決めていただければさらに10万円値引きしますよ。

と。

友人は

友人
友人

なんて優しい営業マンなんだ・・・
(30万+20万+10万=60万円も値引きしてくれた)

と思ったようです。
 
 
で、いざ契約しようとしたとき、その友人の携帯がピロロロロ・・・と鳴ったらしいのです。
普段はバイブにしているんですが、そのときだけ忘れており、着信音が鳴ってしまったので、友人は電話を取りました。

どうやら大学時代の友人からだったらしく、

友人
友人

今忙しいからあとでかけ直す

って言ったところ、

 

大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

わかった。俺いま車の買取業者で働いているから、車買うときあったら相談しろよ

と言って電話を切ろうとしたようです。

その言葉を聞いて、慌てて

友人
友人

俺、いままさに車を買おうとしていて、ディーラーにいるんだよ。

だけどお前に相談する必要はなかったよ。だって、営業マンは60万も値引きしてくれたんだ

と得意げに私の友人はその友人に言ったそうです。

 

そしたら、大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

ちなみに聞くけど、ディーラーの下取り価格っていくらって言われた?

と聞いてきたみたいです。

 

友人
友人

たしか20万円だけど・・・

って答えると、

大学時代の友人
大学時代の友人

それだと、30万円をドブにポイッて捨てるようなもんだな

と大学時代の友人は言ってきました。

 

意味のわからない私の友人は、待たせて申し訳ないと、ちらっとディーラーの営業マンに頭を下げて、

友人
友人

もういま契約しようとしてるんだけど、どういうことなんだよ?

と気になってその買取業者に勤務している大学時代の友人に聞いてみたら、その友人はこう言ってきたようです。

大学時代の友人
大学時代の友人

ディーラーの下取り額が安すぎるんだよディーラーは下取りを安く見積もり、その分を値引き額に上乗せしているってこと。それがディーラーの営業手法なんだけどな。

詳しくは今度会ったときに話すけど、
簡単に言うと、、、
もっと高く下取りできるのに、ディーラーの値引きという甘い言葉につられるなってことだよ。

 

私の友人は、ディーラーに値引きしてもらうことしか頭になく、下取りが安すぎると言われても理解ができなかったようです。

で、私の友人は、その大学時代の友人に

友人
友人

じゃー、どうすれば下取りをもっと高くできるんだ?

と電話越しに聞いたみたいです。

大学時代の友人は、

大学時代の友人
大学時代の友人

俺ならもう30万円は高く買えるな。

ただ、大学時代一緒にバカやったお前だから嘘は付きたくないから言うけど、うちより高く買い取りしてくれるところはあるよ。

だそうです。

友人
友人

そんな買取業者あるなら教えてくれよ。

と気になって私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

買取業者っていっても何社もあるから、それを競わせて、一番高く買ってくれる業者を選べばいいよ

と答えてくれました。

 

友人
友人

どうやって競わせるんだよ。何軒も業者回る時間なんてないんだけど

と私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

一括で何社も査定してくれる便利なサイトがあるから、それを使えば良いんだよ。あとでLINEしておくから、試してみたら。じゃーまたな。

と言って、その友人は電話を切ったみたいです。

 

私の友人は、もっと高く買い取りしてくれる業者のことが頭から離れなかったようです。
 
 
結局その日は契約せずに、家に帰りました。
 
 
帰宅後、大学時代の友人からLINEが来て、こちらのかんたん車査定ガイドに無料申し込みをしてみたら、、、

 
なんと
買い取り額が50万円と言われたところがあったようです。

最終的に、私の友人は、

買い取り額      50万円
ディーラーの値引き額 30万円+10万円
合計         90万円

の値引きに見事成功して、新車ヴェゼルを190万円で手に入れたみたいです。

このかんたん車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。

⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたかんたん車査定ガイド公式サイトはこちら
 
 
だから、私もヴェゼルを買うときはまずはこちらのかんたん車査定ガイドで愛車の買い取り額を確認することにしました。
 
 
もしあなたもヴェゼルを買おうと思うなら、まずはこちらのかんたん車査定を試してみてください。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
それと、ご存知の方もいるかと思いますが、買い取り額は、季節地域トレンド海外輸出市況景気などによって左右します。

なので、事前に愛車の買い取り額を把握しておけば、ディーラーの営業マンからの提案を冷静に対処することができます。

慌てて契約してしまい、30万円損してしまうなんてことを避けられます。

もしいまヴェゼルを買おうと思わなくても、無料なので、まずは一度試しにあなたの愛車の買取額をチェックしてみてください。

もちろんあくまで査定です。
ですので、一括査定サイトを利用したからといって絶対に車を売る必要は一切ありません。

キャンセルもできますので、安心して、あなたの愛車の価値を確認してみてくださいね。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

ヴェゼルの値引きから30万円以上安く買えるかんたん車査定ガイドとは?

一括査定サイトは、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれます。
なので、結果的に、値段が吊り上がり、ヴェゼルの新車を
値引きよりさらに30万円安く購入できるというわけです。

こちらのかんたん車査定ガイドは、
現段階の一括下取りサイトでは最高レベルです。
 
 

その理由は、登録されている買取業者も「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりだからです。

しかも東証一部上場のグループ企業が運営していますので、安心して査定を任せることができます。

登録後、すぐに買い取りの見積もりをだしてくれます。
 
 

さらに買い取り価格もこのように非常に高いです。

車の査定を後回しにしていたら、30万円損するかもしれません。

ですので、無料ですので、今すぐこちらのかんたん車査定ガイドをお試しください!

電話連絡が多いと思ったら、メール連絡のみに変更できるのもかんたん車査定の利点です。
「車一括査定は電話が多いのでは?」と心配されているなら、ご安心ください!


 
 
入力時間はたったの45秒です。

まずはあなたのご希望を選びます。
愛車を売ってヴェゼルを安く買いたいなら、愛車を売りたいを!
あなたの愛車の今の相場を知りたいなら、相場を知りたいを選んでください。

その後はあなたの愛車のメーカー名車種名年式走行距離を選択するだけ。

 

 
年式、走行距離も大体でOKです!車検証を確認する必要はありません。
 
入力はお名前、電話番号、住所、メールアドレスのみ。
 

 

 
ほかは選ぶだけなので、45秒で査定が完了します。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

最後まで読んで頂きまして有難うございました。