ヴェゼル ホンダセンシングの渋滞追従機能とは?誤作動しないの?

便利に進化したヴェゼルのホンダセンシング

その機能の一つの渋滞追従機能について見ていきながら、誤作動がないのかも調べてみました。

引用:http://vezel.kit-work.com/config/sensing

ヴェゼル ホンダセンシングの渋滞追従機能とは?

 

ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉と呼ばれています。
・予め設定した速度で定速走行

・前走車に近づいたら、ミリ波レーダーと単眼カメラが前走車との距離や速度差を測定し、自動的に加減速。

・適切な車間距離を維持しながら追従走行します。

・前に車が割り込んで来たら、自動的にそのクルマに追従走行。

・前走車が車線変更などでいなくなったら、設定速度まで自動的に加速します。

・前走車が停止したら、自車も自動的に停止。
・前走車が走り出したら、スイッチ操作またはアクセルを踏めば、追従走行を再開します。

ACCは、約30km/h以上(渋滞追従機能付は約0km/h以上)で作動します。

急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。

出展:https://www.honda.co.jp/hondasensing/feature/acc/

 

わかりやすく言うと、前の車との距離を適度に保って自動で運転してれくる機能ということです。

帰省ラッシュや事故での渋滞時に、あまりにも待ち時間が長かったり、スポーツなどした後に運転する場合、疲れがでやすく、ブレーキを踏むタイミングが遅れたという経験があると思います。

そうなると追突事故が多くなるので、それらを解消するための機能です。

セッティングする必要はあるものの、使用してみると、とても便利な機能です。

今まで、前の車のテールランプを必死に見ながら運転していたのが、何だったのだろうと思えます。

事故防止だけでなく、運転者の疲労軽減にもつながりますので、忙しい現代社会にもマッチした機能と言えるでしょうね。

一つ気を付けていただきたいのが、ACC機能は2種類に分かれています。

①渋滞追従機能ACC

②ACC

何が違うかと言うと、機能が作動する速度です。

ACCの場合は、約30km/hi以上で作動し、約30km/h以下で自動的に解除されてしまいます。

解除されてしまうと、スピードは落ちますが完全に止まることはできません。

最終的には人間の操作が必要ということになります。

渋滞追従機能ACCは、2018年8月現在、ホンダ車の中でも限られた車種にしか装備されていません。

 

このように、ACCというとひとくくりに考えがちですが、種類があるんです。

私もはじめはわかりませんでした。

他のメーカーでは、渋滞追従機能ACCが標準装備されているのが当たり前になっていることもあり、どのメーカーもついているのだろうと勝手に思っていました。

メーカーによって、安全装置の呼び名が違い、内容も違っていることに気づきました。

メーカーによって成熟度の差があるというのも頭に入れておきたいですね。

 

現在の車は、どんどん便利になっていき、進化し、ユーザーとしても知識が追い付いていない部分が多くなってきているので、ある程度知識をつけることが必要です。

購入して乗ってみて初めて気づく方も多いので、試乗時に試すことをオススメします。

ヴェゼル ホンダセンシングの渋滞追従機能は標準装備されてるの?

引用:https://www.suv-freaks.jp/1220

マイナーチェンジ後から全グレード標準装備となりました。

全グレードに装備されているというのは、嬉しいことですよね。

前項でも説明しましたACCの種類ですが、ヴェゼルにはACCが装備されています。

マイナーチェンジにより、渋滞追従機能ACCが装備されることを望んでいた方は多かったと思いますが、全グレードにホンダセンシングが標準装備という結果になりました。

私個人的にも残念です。

ACCでは、物足りないと思っています。

こうなると次のフルモデルチェンジに期待するしかないです。

前回のマイナーチェンジは、機能を進化させるというより、今の装備でバランスを考えるという意味合いの強い方向性だったせいもあるかもしれません。

確かな情報ではありませんが、渋滞追従機能ACCを付ける為の部品の開発の遅れや構造上で限界なのではという情報も耳にします。

便利な装備だけに、限られたスペースの中に配置していく、高性能な部品を装備しなくてはいけないとなると、どうしても開発に時間がかかってしまいますね。

ヴェゼル ホンダセンシングの渋滞追従機能は誤作動しないの?

機械というだけあって誤作動は気になる部分だと思います。

下記のようなシーンでは
システムが正常に作動しない場合があります。

・橋の欄干の近くを走行したとき

・トンネルを走行したとき

・中央分離帯などの壁の近くを走行したとき

・大型トラックの側を走行したとき

・前の車が急減速したときや、駐停車しているとき、十分に減速できない可能性があります。

・急加速等でタイヤが空転するとACCが解除されます。

・近距離の割り込みや低速車の割り込みはブレーキが遅れる場合があります。

・曲がりくねった道では、ACCが解除されたり、セットできない可能性があります。

・前走車が特殊形状の場合、車両との距離を正しく検知できず、設定車速まで加速したり、車間を縮める可能性があります。

出展:https://www.honda.co.jp/hondasensing/feature/acc/

引用:http://blog.livedoor.jp/yamamotosinya/archives/52457782.html

安全を守る、誤作動を防ぐという意味合いもあり、ACC作動には条件がつけられています。

もちろん100%安全ですとは言い切れない部分もあるのが現状です。

私は外車を所有した経験がありますが、不具合がたくさんありました。

すべて電子制御されているので、エラーがでることもあればエラーがでない不具合もありました。

そういう時の対処方法は、コンピューター自体のリセットをするのが一般的です。

自分でなんとかしようというのは無理なので、ディーラーや専門店でないと対処できません。

自分で知識をつければなんとか修理できた車の時代は終わってしまったのです。

ヴェゼルもそういう車になってきたと思うので、おかしいなと感じた際は、すぐにディーラーで点検してもらってください。

 

ホンダセンシング自体がまだ完成形とは言えません。

ホンダセンシングという枠の中で、改良されたり、新しく機能が追加されたりしているのが現状なのでまだまだ改良が必要です。

最近は公道にて、自動運転車両のタクシーの実験が行われていますが、まだ国の法整備が追い付いていません。

個人的には、新車購入に対して優遇ばかり行い、何をやっているんだろうと思うところもあります。

国はエコカーを推進し、自動車業界はエコカーを通り越して安全装備の充実させる段階にまできています。

国の取り組みと自動車業界の取り組み温度差がありすぎると言ってもいいでしょうね。

技術開発には、膨大な時間がかかるのはご存知だと思いますが、進化をさせる上で、国が力を貸してくれないと止まってしまいます。

時代の進化と共に、世界基準での車作りが行われている今、世界でもトップクラスの車作りをしている今に、国自体がもっと力を注がないといけないと思います。

ヴェゼル ホンダセンシングのまとめ

便利な機能ですが、ユーザーがきちんとした知識を持って使用しないと思わぬ大事故につながります。

一気に進化した機能に、人間だどれだけ柔軟に対処できるか、使いこなせるかが現在の課題と言ってもよいでしょうね。

 
 

新車のホンダヴェゼルを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?


「このホンダヴェゼルを買いたいんだけど予算オーバーだ…」
「ヴェゼルを値引きして安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒くさい…」
「ホンダヴェゼルの新車をお得に最安値で買いたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ホンダヴェゼルの購入を検討しているけど
悩んでいる・・・
という方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

新車ヴェゼルを買うときに、ディーラーに値引きしてもらうしか方法がないと思っていませんか?
「値引き額からさらに30万値引きする方法なんて本当にあるの?」

というのも私は以前そう思っていたんですが、この前友人の話を聞いて

「えっ、そんな方法があるの!?」
「ヴェゼルの値引き額って60万円ぐらいが限界だと思っていたのに、さらに30万の値引きができる方法があったなんて・・・」

とトンカチで頭をガツーンと殴られたような衝撃を受けました。

あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。

新車ヴェゼルの値引き額の限界からさらに30万円以上値引きする方法とは?

その友人も私と同じように、
「新車を買うならディーラーにいかに値引きさせられるかがポイントだよね」
って思っていたようです。

で、実際ディーラーにヴェゼルを買いに行ったら、最初280万円って提示されたらしいんです。

友人も「まーそんなもんかな」と思いながらも、ディーラーの営業マンに

友人
友人

値引きできませんか?ヴェゼル買うならココってきめているんで

って交渉したようです。

そしたら、20代半ばの営業マンからは

営業マン
営業マン

バックモニターやカーナビのディーラーオプションをつければ、30万円は値引きできますよ

と返答があったみたいです。

友人
友人

280万円から30万円を値引きしてもらえれば、250万円か・・・

と友人は心の中でブツブツつぶやき、、、

ですが、250万円は切りたいと思っていたみたいで、

友人
友人

もう少し値引きしてもらうことはできませんか?

としつこく粘ったようです。

ディーラーの営業マンはそう来ると思いましたよ
と言わんばかりに、、、

営業マン
営業マン

それでは、あなたの愛車を20万円で下取りしますよ。

と提案してきました。

友人とすれば、
50万円(30万円+20万円)も安くしてくれたわけですから、嬉しくないはずはありません。

その表情を営業マンは見逃さなかったみたいですね。

営業マン
営業マン

ぜひあなたにこのヴェゼルを買っていただきたいので、いま決めていただければさらに10万円値引きしますよ。

と。

友人は

友人
友人

なんて優しい営業マンなんだ・・・
(30万+20万+10万=60万円も値引きしてくれた)

と思ったようです。
 
 
で、いざ契約しようとしたとき、その友人の携帯がピロロロロ・・・と鳴ったらしいのです。
普段はバイブにしているんですが、そのときだけ忘れており、着信音が鳴ってしまったので、友人は電話を取りました。

どうやら大学時代の友人からだったらしく、

友人
友人

今忙しいからあとでかけ直す

って言ったところ、

 

大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

わかった。俺いま車の買取業者で働いているから、車買うときあったら相談しろよ

と言って電話を切ろうとしたようです。

その言葉を聞いて、慌てて

友人
友人

俺、いままさに車を買おうとしていて、ディーラーにいるんだよ。

だけどお前に相談する必要はなかったよ。だって、営業マンは60万も値引きしてくれたんだ

と得意げに私の友人はその友人に言ったそうです。

 

そしたら、大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

ちなみに聞くけど、ディーラーの下取り価格っていくらって言われた?

と聞いてきたみたいです。

 

友人
友人

たしか20万円だけど・・・

って答えると、

大学時代の友人
大学時代の友人

それだと、30万円をドブにポイッて捨てるようなもんだな

と大学時代の友人は言ってきました。

 

意味のわからない私の友人は、待たせて申し訳ないと、ちらっとディーラーの営業マンに頭を下げて、

友人
友人

もういま契約しようとしてるんだけど、どういうことなんだよ?

と気になってその買取業者に勤務している大学時代の友人に聞いてみたら、その友人はこう言ってきたようです。

大学時代の友人
大学時代の友人

ディーラーの下取り額が安すぎるんだよディーラーは下取りを安く見積もり、その分を値引き額に上乗せしているってこと。それがディーラーの営業手法なんだけどな。

詳しくは今度会ったときに話すけど、
簡単に言うと、、、
もっと高く下取りできるのに、ディーラーの値引きという甘い言葉につられるなってことだよ。

 

私の友人は、ディーラーに値引きしてもらうことしか頭になく、下取りが安すぎると言われても理解ができなかったようです。

で、私の友人は、その大学時代の友人に

友人
友人

じゃー、どうすれば下取りをもっと高くできるんだ?

と電話越しに聞いたみたいです。

大学時代の友人は、

大学時代の友人
大学時代の友人

俺ならもう30万円は高く買えるな。

ただ、大学時代一緒にバカやったお前だから嘘は付きたくないから言うけど、うちより高く買い取りしてくれるところはあるよ。

だそうです。

友人
友人

そんな買取業者あるなら教えてくれよ。

と気になって私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

買取業者っていっても何社もあるから、それを競わせて、一番高く買ってくれる業者を選べばいいよ

と答えてくれました。

 

友人
友人

どうやって競わせるんだよ。何軒も業者回る時間なんてないんだけど

と私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

一括で何社も査定してくれる便利なサイトがあるから、それを使えば良いんだよ。あとでLINEしておくから、試してみたら。じゃーまたな。

と言って、その友人は電話を切ったみたいです。

 

私の友人は、もっと高く買い取りしてくれる業者のことが頭から離れなかったようです。
 
 
結局その日は契約せずに、家に帰りました。
 
 
帰宅後、大学時代の友人からLINEが来て、こちらのかんたん車査定ガイドに無料申し込みをしてみたら、、、

 
なんと
買い取り額が50万円と言われたところがあったようです。

最終的に、私の友人は、

買い取り額      50万円
ディーラーの値引き額 30万円+10万円
合計         90万円

の値引きに見事成功して、新車ヴェゼルを190万円で手に入れたみたいです。

このかんたん車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。

⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたかんたん車査定ガイド公式サイトはこちら
 
 
だから、私もヴェゼルを買うときはまずはこちらのかんたん車査定ガイドで愛車の買い取り額を確認することにしました。
 
 
もしあなたもヴェゼルを買おうと思うなら、まずはこちらのかんたん車査定を試してみてください。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
それと、ご存知の方もいるかと思いますが、買い取り額は、季節地域トレンド海外輸出市況景気などによって左右します。

なので、事前に愛車の買い取り額を把握しておけば、ディーラーの営業マンからの提案を冷静に対処することができます。

慌てて契約してしまい、30万円損してしまうなんてことを避けられます。

もしいまヴェゼルを買おうと思わなくても、無料なので、まずは一度試しにあなたの愛車の買取額をチェックしてみてください。

もちろんあくまで査定です。
ですので、一括査定サイトを利用したからといって絶対に車を売る必要は一切ありません。

キャンセルもできますので、安心して、あなたの愛車の価値を確認してみてくださいね。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

ヴェゼルの値引きから30万円以上安く買えるかんたん車査定ガイドとは?

一括査定サイトは、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれます。
なので、結果的に、値段が吊り上がり、ヴェゼルの新車を
値引きよりさらに30万円安く購入できるというわけです。

こちらのかんたん車査定ガイドは、
現段階の一括下取りサイトでは最高レベルです。
 
 

その理由は、登録されている買取業者も「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりだからです。

しかも東証一部上場のグループ企業が運営していますので、安心して査定を任せることができます。

登録後、すぐに買い取りの見積もりをだしてくれます。
 
 

さらに買い取り価格もこのように非常に高いです。

車の査定を後回しにしていたら、30万円損するかもしれません。

ですので、無料ですので、今すぐこちらのかんたん車査定ガイドをお試しください!

電話連絡が多いと思ったら、メール連絡のみに変更できるのもかんたん車査定の利点です。
「車一括査定は電話が多いのでは?」と心配されているなら、ご安心ください!


 
 
入力時間はたったの45秒です。

まずはあなたのご希望を選びます。
愛車を売ってヴェゼルを安く買いたいなら、愛車を売りたいを!
あなたの愛車の今の相場を知りたいなら、相場を知りたいを選んでください。

その後はあなたの愛車のメーカー名車種名年式走行距離を選択するだけ。

 

 
年式、走行距離も大体でOKです!車検証を確認する必要はありません。
 
入力はお名前、電話番号、住所、メールアドレスのみ。
 

 

 
ほかは選ぶだけなので、45秒で査定が完了します。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

最後まで読んで頂きまして有難うございました。