ヴェゼルのマイナーチェンジ後ターボモデルはいつ発売?スペックと価格予想は?

2018年2月にマイナーチェンジが行われたばかりのヴェゼルですが、今年の年末に新型モデルを発表する予定です。
そこで搭載されるであろうターボモデルの発売日、スペック、価格について見ていきたいと思います。

ヴェゼルのマイナーチェンジ後ターボモデルはいつ発売?

マイナーチェンジもまだ最近のように感じますが、新型モデル投入されるそうです。

発売日は。20018年12月中旬予定です。


画像出典:https://www.honda.co.jp/VEZEL/?from=RSS

新型モデルに関しては、直4・1Lダウンサイジングターボエンジンが搭載されたモデルを発売するとの情報をキャッチしました。
前回のマイナーチェンジで待ち望んでいたいた人は多かったと思いますが、やっと実現されますね。
同じボディーサイズの車種と比較すると、節税効果も期待できます。

現在自動車業界では主流となりつつある、ダウンサイジングターボですが、エンジンを小さくして、ターボでその分を補うというシステムです。
すでに、一部のホンダ車では搭載されて発売されています。
また、SPORT HYBRID i-MMDを装備、クリーンディーゼルの設定、直4・1.5Lターボエンジン搭載といった噂も流れています。

新型モデルは、モデルチェンジなのか、フルモデルチェンジなのか、マイナーチェンジなのかというところも気になると思います。
私の予想では、期待を込めてフルモデルチェンジかなと思っています。
ダウンサイジングターボを搭載するということで、プラットフォームからの見直しが必要なのではないのかなと思います。

実際にどうなるのか、同じホンダ車のステップワゴンと比較しながら予想してみたいと思います。

画像出典:https://toyokeizai.net/articles/-/110965

ステップワゴンは現行で5代目となり、約1年でマイナーチェンジ、約5年でフルモデルチェンジというサイクルになっています。
ヴェゼルはというと、2013年に発売され、約5年間もデザインをキープしたままです。
おそらくステップワゴンと同じようなサイクルになっていくのではないかと、私は予想しています。
ホンダ車のフリードなんかは、約8年のスパンでモデルチェンジを行っているので、さらにサイクルは長くなっているのは、今後のホンダ車の流れがそうなっていくのかもしれないと悩ませるところです。

ヴェゼルの現行の美しいボディーラインをキープするのか?ボディーラインを生かしつつ新しいデザインで生まれ変わるのか?とても楽しみですね。

ヴェゼルのターボモデルのスペックは?


画像出典:https://newcars.jp/tech/downsizing-concept/

おそらくですが、直4・1Lダウンサイジングターボエンジンになると思います。
このターボエンジンは、フィットにも搭載される予定なので、同じエンジンということになります。
元々はヴェゼルより先にフィットに搭載して発売する予定でしたが、チェンジサイクルにうまく合わせられなかったのだと思います。

現行のステップワゴンに搭載されている、直4・1.5Lターボエンジンを小さくしたものと思っていただければ良いと思います。
ステップワゴンでは、1.5Lターボエンジンで、ガソリン車の2Lと同等のパワーを発揮していることから、ヴェゼルも1Lのターボエンジンで、現行の1.5Lと同等のパワーと推測できます。


画像出典:https://motorcars.jp/honda-hybrid-system-science-and-technology-award20150415

2018年8月に発売されたホンダCR-Vを見ると、Honda独自の2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」が搭載され、2Lのエンジンでで3Lエンジン並のパワーを発揮しています。
これはまさに次のホンダ新装備と言っていいでしょうね。
パワーはもちろん、燃費性能についても向上しているので、今まで劣っていたホンダの燃費性能が、他メーカーにぐっと近づいたと言えるでしょうね。

新型ヴェゼルにSPORT HYBRID i-MMDが採用されるかも気になるところですね。
私は採用されると思います。
これだけデザインに人気があるヴェゼルにつけないわけがないと思います。
販売台数トップを奪い返す日もそう遠くはなくなるでしょうね。

問題なのは、SPORT HYBRID i-MMD搭載モデル、ダウンサイジングターボ搭載、クリーンディーゼルモデルをどう展開するかだと思います。
一気に発表してくるのか、一つだけ発表し、あとはマイナーチェンジで発表するのかが気になるところです。
今までのパターンを考えると、マイナーチェンジで発表していくのかなと思います。

私の予想を整理しますと、フルモデルチェンジと一緒に、ダウンサイジングターボ搭載モデルを発表し、その後マイナーチェンジでモデルを追加していく形かなと思います。

また、ガソリン車に関しても新しい情報です。
エンジンが変更になり、さらに燃費が伸びるようです。
ガソリン車で今以上に燃費が伸びるというのは、驚きです。
完全にエンジンでは、ホンダにはかなわなくなるのではないでしょうか?
ホンダのVTECエンジンはすごいですね。

VTECエンジンの歴史について調べてみました。

・DOHC VTEC


画像出典:https://www.flickr.com/photos/jdmfletcher/5999519962

1989年4月19日に発売されたインテグラに初めて搭載された。吸気側、排気側ともに二段のカムシャフトを備えており、バルブタイミングとリフト量を変化させる。以後、i-VTECが登場するまでは、高回転・高出力型エンジンのみの設定であった。

基本的な仕組みは以下のとおりである。カムは高回転用・低回転用の2種類を同じシャフトに隣接して備える。バルブはカムの直押しではなく、同じく2種類のロッカーアームをそれぞれ間に挟んでいる。このうち、バルブに直接接しているロッカーアームは低回転用のみで、高回転用は低回転時において空振りするようになっている。高回転時はピンが油圧によってロッカーアームを貫き、低回転用と高回転用の動きを同調させる。この際、カムがロッカーアームを押し下げるにあたって、カム山は高回転用の方が大きいため、今度は低回転用カムがロッカーアームに届かず、空振りする。これにより、高回転用カムによる動作が高回転用ロッカーアーム、さらにはピンを介して低回転用ロッカーアームへ伝わることで、バルブの動作は高回転用カムに従う。この動作はエンジン油圧・エンジン温度・車両速度・エンジン回転速度とスロットル位置などを考慮し、ECUでコントロールされる。

インテグラの他、シビック/CR-Xが、B16A型エンジンを搭載し日本とヨーロッパで販売された。北米には、1990年にアキュラ・NSXがC30A型エンジン(3.0L V6)を搭載し販売された。他の車両では、1992年のアキュラ・インテグラ(B17A型 1.7L 直4)、1993年のプレリュード(H22A型 2.2L 直4)やCR-X delSol(B16A型)などに採用されている。

・SOHC VTEC

画像出典:https://www.hmotorsonline.com/shop/vtec/d15b-sohc-vtec-long-block/

1991年9月10日に発売された5代目シビックに初めて搭載された。吸気側のみのバルブタイミング・リフト量を変化させる。DOHC VTECに対して発表当時は単にVTECとのみ表記された。以後、ホンダ車の大衆エンジンに広く用いられる。カム切り替えに関する機構の面ではDOHC VTECと共通である。

・VTEC-E

上述のSOHC VTECと同時にシビックに初めて搭載された。2つあるSOHCエンジンの吸気バルブのうち、片方をほぼ休止させることによりリーンバーン運転を行う。

・3ステージVTEC

1995年9月4日に発売された6代目シビックに初めて搭載された。SOHC VTECとVTEC-Eを統合したもので、低回転域では吸気バルブのうち片方をほぼ休止してリーンバーン運転を行い、中回転域では吸気バルブ2バルブ運転、高回転域では高速カムによる運転を行う。

シビックのモデルチェンジにより一時ラインナップから消えたが、2005年9月20日に発表されたシビックハイブリッドでは3ステージi-VTECとして復活した。これはハイブリッドカー向けのIMAシステムとの連携最適化を見据えたもので、減速時に全気筒休止を行うように改良されたものである。

・i-VTEC

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Honda_L13A_i-VTEC_Engine.JPG

2000年10月26日のストリームの発表において、VTCを採用したK20A型エンジン(2.0L 直4)に初めて搭載された。

以後、同社のカム切り替え機構を備えたエンジンはi-VTECと称され、VTCに限らず何らかの新機軸を盛り込んだVTECのことを指す。そのため、名称は同じでも機構面ではいくつかのバリエーションが存在する。2002年10月10日にK24A型エンジン(2.4L 直4)がアコードとアコードワゴンに搭載された。2003年6月18日にはVCM仕様のJ30A型エンジン(3.0L V6)がインスパイアに搭載された。2007年10月18日にはVTEC-E仕様のL13A型ならびにSOHC VTEC仕様のL15A型が2代目フィットに搭載された。

・A-VTEC advanced-VTEC

2005年、3年以内に導入するとホンダからアナウンスされた。連続可変バルブリフトを実現するものであるが、現在まで搭載された車種は発売していない。

・VTEC TURBO

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/VTEC#/media/File:I-VTEC_Motor.jpg

エンジンのダウンサイジングを目指し、ターボチャージャーを組み合わせたもの。2013年11月に開発発表された[4]。2.0L、1.5L4気筒、1.0L3気筒の3種類がある。2015年4月23日に発表されたステップワゴンにはVTEC TURBO 1.5Lが搭載されている。また、同年秋に発売のシビックタイプRにはVTEC TURBO 2.0Lが搭載される。

なお、”VTEC”TURBOと名称付けられてはいるが1.5Lモデルではカム切り替えによる可変バルブリフト制御は行っておらず吸排気VTCによる位相変化の可変バルブタイミングのみである(2.0Lモデルでは吸排気VTCに加え排気側バルブのみ可変バルブリフト制御を行っている)。

出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/VTEC

このようにVTECエンジンとは言ってもこれだけの歴史があります。

ホンダ=VTECとまで言わせた、有名なエンジンですが、まだまだ進化を遂げていくんですね。
今後のVTECの進化にも注目が必要ですね。

ヴェゼルのターボモデルの価格予想は?

2018年9月現在では、現行と価格は変更なしという情報です。
ダウンサイジングターボやSPORT HYBRID i-MMDがついて同じ値段となれば人気がでそうですね。


画像出典:https://cobby.jp/vezel-fullmodelchange.html

前回のマイナーチェンジである程度ヴェゼルの形を決めたので、価格は変わらないというこでしょうかね。
でも、新しい装備もつくと思うので、値段は上がるのが普通ではないかなと思います。
価格に関しては情報が非常に少ないので、もう少し時間がたたないと、はっきりしてこないと思います。

ヴェゼルのターボモデルまとめ


画像出典:http://syachiraku.com/archives/20180814/vtec-turbo-add-to-honda-vezel.html

まだまだ情報が交錯していますが、ターボモデルが設定されることは間違いないと思います。
世界でも主流のダウンサイジングターボを搭載し、新しく生まれ変わったヴェゼルの登場が待ち遠しいですね。

 
 

新車のホンダヴェゼルを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?


「このホンダヴェゼルを買いたいんだけど予算オーバーだ…」
「ヴェゼルを値引きして安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒くさい…」
「ホンダヴェゼルの新車をお得に最安値で買いたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ホンダヴェゼルの購入を検討しているけど
悩んでいる・・・
という方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

新車ヴェゼルを買うときに、ディーラーに値引きしてもらうしか方法がないと思っていませんか?
「値引き額からさらに30万値引きする方法なんて本当にあるの?」

というのも私は以前そう思っていたんですが、この前友人の話を聞いて

「えっ、そんな方法があるの!?」
「ヴェゼルの値引き額って60万円ぐらいが限界だと思っていたのに、さらに30万の値引きができる方法があったなんて・・・」

とトンカチで頭をガツーンと殴られたような衝撃を受けました。

あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。

新車ヴェゼルの値引き額の限界からさらに30万円以上値引きする方法とは?

その友人も私と同じように、
「新車を買うならディーラーにいかに値引きさせられるかがポイントだよね」
って思っていたようです。

で、実際ディーラーにヴェゼルを買いに行ったら、最初280万円って提示されたらしいんです。

友人も「まーそんなもんかな」と思いながらも、ディーラーの営業マンに

友人
友人

値引きできませんか?ヴェゼル買うならココってきめているんで

って交渉したようです。

そしたら、20代半ばの営業マンからは

営業マン
営業マン

バックモニターやカーナビのディーラーオプションをつければ、30万円は値引きできますよ

と返答があったみたいです。

友人
友人

280万円から30万円を値引きしてもらえれば、250万円か・・・

と友人は心の中でブツブツつぶやき、、、

ですが、250万円は切りたいと思っていたみたいで、

友人
友人

もう少し値引きしてもらうことはできませんか?

としつこく粘ったようです。

ディーラーの営業マンはそう来ると思いましたよ
と言わんばかりに、、、

営業マン
営業マン

それでは、あなたの愛車を20万円で下取りしますよ。

と提案してきました。

友人とすれば、
50万円(30万円+20万円)も安くしてくれたわけですから、嬉しくないはずはありません。

その表情を営業マンは見逃さなかったみたいですね。

営業マン
営業マン

ぜひあなたにこのヴェゼルを買っていただきたいので、いま決めていただければさらに10万円値引きしますよ。

と。

友人は

友人
友人

なんて優しい営業マンなんだ・・・
(30万+20万+10万=60万円も値引きしてくれた)

と思ったようです。
 
 
で、いざ契約しようとしたとき、その友人の携帯がピロロロロ・・・と鳴ったらしいのです。
普段はバイブにしているんですが、そのときだけ忘れており、着信音が鳴ってしまったので、友人は電話を取りました。

どうやら大学時代の友人からだったらしく、

友人
友人

今忙しいからあとでかけ直す

って言ったところ、

 

大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

わかった。俺いま車の買取業者で働いているから、車買うときあったら相談しろよ

と言って電話を切ろうとしたようです。

その言葉を聞いて、慌てて

友人
友人

俺、いままさに車を買おうとしていて、ディーラーにいるんだよ。

だけどお前に相談する必要はなかったよ。だって、営業マンは60万も値引きしてくれたんだ

と得意げに私の友人はその友人に言ったそうです。

 

そしたら、大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

ちなみに聞くけど、ディーラーの下取り価格っていくらって言われた?

と聞いてきたみたいです。

 

友人
友人

たしか20万円だけど・・・

って答えると、

大学時代の友人
大学時代の友人

それだと、30万円をドブにポイッて捨てるようなもんだな

と大学時代の友人は言ってきました。

 

意味のわからない私の友人は、待たせて申し訳ないと、ちらっとディーラーの営業マンに頭を下げて、

友人
友人

もういま契約しようとしてるんだけど、どういうことなんだよ?

と気になってその買取業者に勤務している大学時代の友人に聞いてみたら、その友人はこう言ってきたようです。

大学時代の友人
大学時代の友人

ディーラーの下取り額が安すぎるんだよディーラーは下取りを安く見積もり、その分を値引き額に上乗せしているってこと。それがディーラーの営業手法なんだけどな。

詳しくは今度会ったときに話すけど、
簡単に言うと、、、
もっと高く下取りできるのに、ディーラーの値引きという甘い言葉につられるなってことだよ。

 

私の友人は、ディーラーに値引きしてもらうことしか頭になく、下取りが安すぎると言われても理解ができなかったようです。

で、私の友人は、その大学時代の友人に

友人
友人

じゃー、どうすれば下取りをもっと高くできるんだ?

と電話越しに聞いたみたいです。

大学時代の友人は、

大学時代の友人
大学時代の友人

俺ならもう30万円は高く買えるな。

ただ、大学時代一緒にバカやったお前だから嘘は付きたくないから言うけど、うちより高く買い取りしてくれるところはあるよ。

だそうです。

友人
友人

そんな買取業者あるなら教えてくれよ。

と気になって私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

買取業者っていっても何社もあるから、それを競わせて、一番高く買ってくれる業者を選べばいいよ

と答えてくれました。

 

友人
友人

どうやって競わせるんだよ。何軒も業者回る時間なんてないんだけど

と私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

一括で何社も査定してくれる便利なサイトがあるから、それを使えば良いんだよ。あとでLINEしておくから、試してみたら。じゃーまたな。

と言って、その友人は電話を切ったみたいです。

 

私の友人は、もっと高く買い取りしてくれる業者のことが頭から離れなかったようです。
 
 
結局その日は契約せずに、家に帰りました。
 
 
帰宅後、大学時代の友人からLINEが来て、こちらのかんたん車査定ガイドに無料申し込みをしてみたら、、、

 
なんと
買い取り額が50万円と言われたところがあったようです。

最終的に、私の友人は、

買い取り額      50万円
ディーラーの値引き額 30万円+10万円
合計         90万円

の値引きに見事成功して、新車ヴェゼルを190万円で手に入れたみたいです。

このかんたん車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。

⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたかんたん車査定ガイド公式サイトはこちら
 
 
だから、私もヴェゼルを買うときはまずはこちらのかんたん車査定ガイドで愛車の買い取り額を確認することにしました。
 
 
もしあなたもヴェゼルを買おうと思うなら、まずはこちらのかんたん車査定を試してみてください。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
それと、ご存知の方もいるかと思いますが、買い取り額は、季節地域トレンド海外輸出市況景気などによって左右します。

なので、事前に愛車の買い取り額を把握しておけば、ディーラーの営業マンからの提案を冷静に対処することができます。

慌てて契約してしまい、30万円損してしまうなんてことを避けられます。

もしいまヴェゼルを買おうと思わなくても、無料なので、まずは一度試しにあなたの愛車の買取額をチェックしてみてください。

もちろんあくまで査定です。
ですので、一括査定サイトを利用したからといって絶対に車を売る必要は一切ありません。

キャンセルもできますので、安心して、あなたの愛車の価値を確認してみてくださいね。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

ヴェゼルの値引きから30万円以上安く買えるかんたん車査定ガイドとは?

一括査定サイトは、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれます。
なので、結果的に、値段が吊り上がり、ヴェゼルの新車を
値引きよりさらに30万円安く購入できるというわけです。

こちらのかんたん車査定ガイドは、
現段階の一括下取りサイトでは最高レベルです。
 
 

その理由は、登録されている買取業者も「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりだからです。

しかも東証一部上場のグループ企業が運営していますので、安心して査定を任せることができます。

登録後、すぐに買い取りの見積もりをだしてくれます。
 
 

さらに買い取り価格もこのように非常に高いです。

車の査定を後回しにしていたら、30万円損するかもしれません。

ですので、無料ですので、今すぐこちらのかんたん車査定ガイドをお試しください!

電話連絡が多いと思ったら、メール連絡のみに変更できるのもかんたん車査定の利点です。
「車一括査定は電話が多いのでは?」と心配されているなら、ご安心ください!


 
 
入力時間はたったの45秒です。

まずはあなたのご希望を選びます。
愛車を売ってヴェゼルを安く買いたいなら、愛車を売りたいを!
あなたの愛車の今の相場を知りたいなら、相場を知りたいを選んでください。

その後はあなたの愛車のメーカー名車種名年式走行距離を選択するだけ。

 

 
年式、走行距離も大体でOKです!車検証を確認する必要はありません。
 
入力はお名前、電話番号、住所、メールアドレスのみ。
 

 

 
ほかは選ぶだけなので、45秒で査定が完了します。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

最後まで読んで頂きまして有難うございました。