ホンダヴェゼルとフィット 大きさ(サイズ)と広さ比較!維持費を比較して買うならどっち?

ハッチバックとして人気のフィットですが、そのプラットフォームから生まれたのがヴェゼルということで、人間で言う親子のような関係になっています。

そのヴェゼルとフィットの大きさ、維持費、買い時はどっちだろうということで、比較しながら見ていきたいと思います。

ホンダヴェゼルとフィット 大きさ(サイズ)と広さは?

まずはわかりやすく表で見てみましょう。

画像出典:http://kakaku.com/item/K0000606702/

ヴェゼル

ボディタイプ SUV・クロスカントリー・ライトクロカン
ドア数 5ドア
乗員定員 5名
型式 DAA-RU3
全長×全幅×全高 4295×1770×1605mm

 

ホイールベース 2610mm
トレッド前/後 1535/1540mm
室内長×室内幅×室内高 1930×1485×1265mm
車両重量 1270kg

出展:https://www.goo-net.com/catalog/HONDA/VEZEL/10102561/
 
 

フィット


画像出典:https://www.honda.co.jp/Fit/

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 5ドア
乗員定員 5名
型式 DAA-GP5
全長×全幅×全高 3955×1695×1525mm

 

ホイールベース 2530mm
トレッド前/後 1480/1470mm
室内長×室内幅×室内高 1935×1450×1280mm
車両重量 1080kg

出展:https://www.goo-net.com/catalog/HONDA/FIT_HYBRID/10099623/

以上のようになります。

 

大きく違う、ボディタイプ、ボディサイズについて見ていきましょう。

まずはボディタイプ。
ヴェゼルは、コンパクトSUV・SUV・クロスカントリー・ライトクロカンというタイプです。
フィットは、ハッチバックというタイプです。


画像出典:http://kakaku.com/item/K0000606703/images/page=ka_4/

 

では、SUV、ハッチバックとはどういうタイプなのかというと、

SUV
SUVには様々な種類と出自が存在するため明確な定義は存在せず、メディア、辞書、ジャーナリストの間でも意見が分かれている。近年はあまりに多様化が進行しているため、「カテゴライズを各消費者に委ねたものがSUVだ」という意見まである。
現在一般的にSUVと呼ばれるものは

ピックアップトラックの荷台に「シェル」と呼ばれる居住・荷室空間を作ったもの→ 本来の意味でのSUV

地上高を高くしたりラダーフレーム構造を採用したりするなど、本格オフロード走行向けに設計された四輪駆動車 →「クロスカントリー車」(クロカン)

モノコック構造で1.と2.のようなSUV車風の外観を持つ車、またはセダン・コンパクトカーなどのボディを大きめ又は高めに設計した車 →「クロスオーバーSUV」(CUV)

と大きく分けて3つが存在しており、これらの総称がSUVであると広くとらえるのが無難である。
SUVはサイズによって、小さい順に「ミニSUV(またはサブコンパクトSUV)」、「コンパクトSUV」、「ミッドサイズSUV(北米のみ)」、「フルサイズSUV」、「エクステンド・レングスSUV(北米のみ)」に分けられるが、これらにも明確な定義は存在しない。例えば日本人の感覚ではホンダ・ヴェゼルはコンパクトSUV、三菱・アウトランダーはミッドサイズSUVだが、欧米の感覚ではヴェゼルはミニSUV、アウトランダーはコンパクトSUVに分類される。
出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/
 
 
ハッチバッグ

画像出典:https://bestcarweb.jp/news/newcar/1514

ボンネット付きの車種のうち、全長が短い、あるいは車高が低いなどの理由でトランクや車室の容積が小さくなりがちな車種において、大きい荷物や長物の積み下ろしを楽にし、自動車の利便性(ユーティリティー)を少しでも高めるための手段として、跳ね上げ式、または横開き式の「バックドア」(背面ドア)を設けた車種である。このように後部ハッチがドアの扱いになるため、左右のドアが2枚のハッチバックの場合、+バックドアで「3ドア」、4枚の場合は「5ドア」と呼ばれる。
出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/

以上がボディタイプの定義となっています。

 

次にサイズとして、ボディの全長×全幅×全高を比較してみます。

ボディを見ただけで、サイズが違うということは一目瞭然ですが、どのくらい違いがあるのかというと、

全長

ヴェゼルのほうが、340mm長いです。

全幅

ヴェゼルのほうが、75mm広いです。

全高

ヴェゼルのほうが、80mm高いです。

全体的にヴェゼルの方が大きいことが分かりますね。


画像出典:https://matome.response.jp/articles/1311

結果を見て、全高が80mmしか差がないというのは、意外でした。
ヴェゼルというと背が高いという印象を持っていましたが、比較するとそれほど変わらないんですね。

このようにボディタイプが異なり、ボディサイズも違うということが明確になりました。
ボディサイズが違えば室内空間の広さなど全てに関して、自然と広く、大きくなっていくのが一般的です。
ヴェゼルとフィットでは、ヴェゼルのほうが大きいということがわかりました。

ホンダヴェゼルとフィットの維持費は?

一般的な年間維持費について見てみましょう。

ヴェゼル、フィットに関しては、表の真ん中のコンパクトカーを見てください。


引用:http://nedan.ja-kyosai.or.jp/column/20180216_other_no19.html

ヴェゼルとフィットでは、維持費に大きな差はないと思います。
車両重量が違うという点で、新車購入の場合は、特に3年目以降から違いがでてきます。
新車購入から3年は、ハイブリッド車ですと、免税や減税など措置があるので、お得と言えますね。

ヴェゼル、フィット共に重量税は、22500円かかります。


画像出典:https://matome.response.jp/articles/1311

ヴェゼルに関しては、現在免税とはなっていない為、フィットの方が有利と言えますね。
燃費に関しては、カタログ燃費で10km/Lほど、フィットの方が燃費が良いです。
ボディーサイズや車両重量を考えると、しょうがない部分だと思います。
自動車保険や点検費用、車検費用に関しては、ユーザーによってかなりのバラつきがでてきてしまう為、項目をきちんと絞って、一つ一つ比較しながら検討していきたいですね。

ホンダヴェゼルとフィット 買うならどっち?

ライフスタイルに合わせて選ぶのが一般的です。

たくさんの荷物を積んで、家族でキャンプに行くことが多いという方には、ヴェゼルをオススメします。

独身だし、たまにしか遠出しないし、通勤でキビキビ走る方が良いという方には、フィットをオススメします。

家族で乗るのに、フィットでは狭いと感じる方も多いので、フィットシャトルやヴェゼルが自然と候補に上がってくるようですね。


画像出典:https://www.honda.co.jp/Fit/

私の場合でしたら、フィットを選ぶかもしれません。
着目したのは、車両重量です。
やはり軽い車の方が燃費が良い、扱いやすいというイメージがあります。
また、税金の免税や減税でのメリットが大きいのはフィットだと思います。

ホンダヴェゼルとフィット比較まとめ


画像出典:https://www.honda.co.jp/Fit/

車両性能に関しては、それほど差がないと思います。
免税や減税面ではフィットが有利といえますが、ご自身のライフスタイルに合わせた車選びをしてください。

 
 

新車のホンダヴェゼルを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?


「このホンダヴェゼルを買いたいんだけど予算オーバーだ…」
「ヴェゼルを値引きして安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒くさい…」
「ホンダヴェゼルの新車をお得に最安値で買いたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ホンダヴェゼルの購入を検討しているけど
悩んでいる・・・
という方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

新車ヴェゼルを買うときに、ディーラーに値引きしてもらうしか方法がないと思っていませんか?
「値引き額からさらに30万値引きする方法なんて本当にあるの?」

というのも私は以前そう思っていたんですが、この前友人の話を聞いて

「えっ、そんな方法があるの!?」
「ヴェゼルの値引き額って60万円ぐらいが限界だと思っていたのに、さらに30万の値引きができる方法があったなんて・・・」

とトンカチで頭をガツーンと殴られたような衝撃を受けました。

あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。

新車ヴェゼルの値引き額の限界からさらに30万円以上値引きする方法とは?

その友人も私と同じように、
「新車を買うならディーラーにいかに値引きさせられるかがポイントだよね」
って思っていたようです。

で、実際ディーラーにヴェゼルを買いに行ったら、最初280万円って提示されたらしいんです。

友人も「まーそんなもんかな」と思いながらも、ディーラーの営業マンに

友人
友人

値引きできませんか?ヴェゼル買うならココってきめているんで

って交渉したようです。

そしたら、20代半ばの営業マンからは

営業マン
営業マン

バックモニターやカーナビのディーラーオプションをつければ、30万円は値引きできますよ

と返答があったみたいです。

友人
友人

280万円から30万円を値引きしてもらえれば、250万円か・・・

と友人は心の中でブツブツつぶやき、、、

ですが、250万円は切りたいと思っていたみたいで、

友人
友人

もう少し値引きしてもらうことはできませんか?

としつこく粘ったようです。

ディーラーの営業マンはそう来ると思いましたよ
と言わんばかりに、、、

営業マン
営業マン

それでは、あなたの愛車を20万円で下取りしますよ。

と提案してきました。

友人とすれば、
50万円(30万円+20万円)も安くしてくれたわけですから、嬉しくないはずはありません。

その表情を営業マンは見逃さなかったみたいですね。

営業マン
営業マン

ぜひあなたにこのヴェゼルを買っていただきたいので、いま決めていただければさらに10万円値引きしますよ。

と。

友人は

友人
友人

なんて優しい営業マンなんだ・・・
(30万+20万+10万=60万円も値引きしてくれた)

と思ったようです。
 
 
で、いざ契約しようとしたとき、その友人の携帯がピロロロロ・・・と鳴ったらしいのです。
普段はバイブにしているんですが、そのときだけ忘れており、着信音が鳴ってしまったので、友人は電話を取りました。

どうやら大学時代の友人からだったらしく、

友人
友人

今忙しいからあとでかけ直す

って言ったところ、

 

大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

わかった。俺いま車の買取業者で働いているから、車買うときあったら相談しろよ

と言って電話を切ろうとしたようです。

その言葉を聞いて、慌てて

友人
友人

俺、いままさに車を買おうとしていて、ディーラーにいるんだよ。

だけどお前に相談する必要はなかったよ。だって、営業マンは60万も値引きしてくれたんだ

と得意げに私の友人はその友人に言ったそうです。

 

そしたら、大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

ちなみに聞くけど、ディーラーの下取り価格っていくらって言われた?

と聞いてきたみたいです。

 

友人
友人

たしか20万円だけど・・・

って答えると、

大学時代の友人
大学時代の友人

それだと、30万円をドブにポイッて捨てるようなもんだな

と大学時代の友人は言ってきました。

 

意味のわからない私の友人は、待たせて申し訳ないと、ちらっとディーラーの営業マンに頭を下げて、

友人
友人

もういま契約しようとしてるんだけど、どういうことなんだよ?

と気になってその買取業者に勤務している大学時代の友人に聞いてみたら、その友人はこう言ってきたようです。

大学時代の友人
大学時代の友人

ディーラーの下取り額が安すぎるんだよディーラーは下取りを安く見積もり、その分を値引き額に上乗せしているってこと。それがディーラーの営業手法なんだけどな。

詳しくは今度会ったときに話すけど、
簡単に言うと、、、
もっと高く下取りできるのに、ディーラーの値引きという甘い言葉につられるなってことだよ。

 

私の友人は、ディーラーに値引きしてもらうことしか頭になく、下取りが安すぎると言われても理解ができなかったようです。

で、私の友人は、その大学時代の友人に

友人
友人

じゃー、どうすれば下取りをもっと高くできるんだ?

と電話越しに聞いたみたいです。

大学時代の友人は、

大学時代の友人
大学時代の友人

俺ならもう30万円は高く買えるな。

ただ、大学時代一緒にバカやったお前だから嘘は付きたくないから言うけど、うちより高く買い取りしてくれるところはあるよ。

だそうです。

友人
友人

そんな買取業者あるなら教えてくれよ。

と気になって私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

買取業者っていっても何社もあるから、それを競わせて、一番高く買ってくれる業者を選べばいいよ

と答えてくれました。

 

友人
友人

どうやって競わせるんだよ。何軒も業者回る時間なんてないんだけど

と私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

一括で何社も査定してくれる便利なサイトがあるから、それを使えば良いんだよ。あとでLINEしておくから、試してみたら。じゃーまたな。

と言って、その友人は電話を切ったみたいです。

 

私の友人は、もっと高く買い取りしてくれる業者のことが頭から離れなかったようです。
 
 
結局その日は契約せずに、家に帰りました。
 
 
帰宅後、大学時代の友人からLINEが来て、こちらのかんたん車査定ガイドに無料申し込みをしてみたら、、、

 
なんと
買い取り額が50万円と言われたところがあったようです。

最終的に、私の友人は、

買い取り額      50万円
ディーラーの値引き額 30万円+10万円
合計         90万円

の値引きに見事成功して、新車ヴェゼルを190万円で手に入れたみたいです。

このかんたん車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。

⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたかんたん車査定ガイド公式サイトはこちら
 
 
だから、私もヴェゼルを買うときはまずはこちらのかんたん車査定ガイドで愛車の買い取り額を確認することにしました。
 
 
もしあなたもヴェゼルを買おうと思うなら、まずはこちらのかんたん車査定を試してみてください。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
それと、ご存知の方もいるかと思いますが、買い取り額は、季節地域トレンド海外輸出市況景気などによって左右します。

なので、事前に愛車の買い取り額を把握しておけば、ディーラーの営業マンからの提案を冷静に対処することができます。

慌てて契約してしまい、30万円損してしまうなんてことを避けられます。

もしいまヴェゼルを買おうと思わなくても、無料なので、まずは一度試しにあなたの愛車の買取額をチェックしてみてください。

もちろんあくまで査定です。
ですので、一括査定サイトを利用したからといって絶対に車を売る必要は一切ありません。

キャンセルもできますので、安心して、あなたの愛車の価値を確認してみてくださいね。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

ヴェゼルの値引きから30万円以上安く買えるかんたん車査定ガイドとは?

一括査定サイトは、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれます。
なので、結果的に、値段が吊り上がり、ヴェゼルの新車を
値引きよりさらに30万円安く購入できるというわけです。

こちらのかんたん車査定ガイドは、
現段階の一括下取りサイトでは最高レベルです。
 
 

その理由は、登録されている買取業者も「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりだからです。

しかも東証一部上場のグループ企業が運営していますので、安心して査定を任せることができます。

登録後、すぐに買い取りの見積もりをだしてくれます。
 
 

さらに買い取り価格もこのように非常に高いです。

車の査定を後回しにしていたら、30万円損するかもしれません。

ですので、無料ですので、今すぐこちらのかんたん車査定ガイドをお試しください!

電話連絡が多いと思ったら、メール連絡のみに変更できるのもかんたん車査定の利点です。
「車一括査定は電話が多いのでは?」と心配されているなら、ご安心ください!


 
 
入力時間はたったの45秒です。

まずはあなたのご希望を選びます。
愛車を売ってヴェゼルを安く買いたいなら、愛車を売りたいを!
あなたの愛車の今の相場を知りたいなら、相場を知りたいを選んでください。

その後はあなたの愛車のメーカー名車種名年式走行距離を選択するだけ。

 

 
年式、走行距離も大体でOKです!車検証を確認する必要はありません。
 
入力はお名前、電話番号、住所、メールアドレスのみ。
 

 

 
ほかは選ぶだけなので、45秒で査定が完了します。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

最後まで読んで頂きまして有難うございました。