ホンダヴェゼルハイブリッドの新古車のメリットとデメリットは?中古車とどっちが買いか?

ホンダヴェゼルハイブリッドの新古車を購入するうえで、新古車としての魅力はなんなのか?メリット、デメリット、中古車と比較するとどっちがお得なのか見ていきたいと思います。

新古車とは?


画像出典:https://minkara.carview.co.jp/car/honda/vezel_hybrid/

新古車とは、正しくは「登録済みの未使用車」です。ディーラーや中古車販売店を所有者として、既に陸運局に登録されているため、書類上は「一度、人の手に渡ったクルマ」という扱いになります。

しかし、ディーラーや中古車販売店はそのクルマを売るために保有しているだけで、別にそのクルマを使っている訳ではありません。そのため展示するためなど必要最低限の移動を除けば走行距離もほぼゼロです(これは新車も同様です)。

そもそも、こういった未使用車はなぜ存在しているのでしょうか。多くの場合、ディーラーが販売実績を作るためであることが多いです。新車としては「売れた」という扱いするために陸運局に登録、その後、中古車として販売されます。

出展:https://221616.com/guide/unused/
 
 
新古車とはこういう仕組みになっています。

新車同様の車、極めて程度の良い中古車という意味なんですね。
他にも、新車で注文したお客さんがキャンセルをして、どうしようもなくなって中古車市場にだすというパターンもあるみたいですね。
新古車として中古車市場にだすことで、新車販売実績としてカウントされるということなんですね。
新車販売実績に新古車が含まれているとは知りませんでした。
ホンダだとディーラー直系の中古車販売オートテラスで扱われるような流れになっているんですね。
でも、オートテラス以外でも、未使用車、新古車というのをよく見かけると思います。
オートテラス以外の中古車販売店にも流れている車両もあるということなんです。


画像出典:https://kakakumag.com/car/?id=11864
 
 

その車両の見分け方や注意点を見てみましょう。

中古車というと、車両フロントガラスに価格が表示されたボードがついているのが一般的です。
そのプライスボードにも決まりがあるんです。

日本の自動車販売店は、自動車公正取引協議会の会員となっています。

自動車公正取引協議会とは?

自動車公取協は、消費者庁公正取引委員会から認定されたルールである「自動車公正競争規約」を運用する機関として、昭和46年(1971年)12月に設立された公益法人です。

自動車メーカーや国産・輸入車の新車・中古車・二輪車販売店が会員となっています。
自動車公取協は、公正競争規約の運用を通じ、消費者と販売店を結ぶ「信頼されるクルマ販売」を推進するための活動を行っています。

出展:http://www.aftc.or.jp/contents/koutorikyou/index.html
 
 
このような公益法人を作り、安心安全な自動車取引を行うようになっているのですね。
その中で、販売するにあたって、細かなルールが作られています。

プライスボードのルールとしては、
①販売価格
②初度登録年月
③自動車検査証の有効期限
④走行記録数
⑤前使用者の点検整備記録簿の有無
⑥修復歴の有無
⑦使用歴
⑧保証の有無
⑨定期点検整備実施状況
⑩定期点検整備あり(納車時)と表示した場合の整備費用に関する表示
⑪リサイクル料金の表示

以上の11項目を表示しないければいけないことになっています。

よく通り沿いの中古車販売店で、価格のみ表示されている車両を見かけますが、決して悪いわけではありませんが、注意が必要です。

中古車という大きなくくりの中に、新古車、中古車と分かれていて、その中できちんとしたルールが設けられ、安心して購入できる仕組みがきちんとできているんです。

ホンダヴェゼルハイブリッドの新古車のメリットとデメリットは?


画像出典:https://kakakumag.com/car/?id=11864
 
 
価格ばかりに目が行く新古車ですが、実際にどんなメリット、デメリットがあるか調べてみました。

メリット

・安い

・納車が早い。

・新車としての車検が残っている。

・重量税が軽減できる。

・購入時期によって自動車税が免税される。

・高価なオプションが付いた車両がある。
 
 
デメリット

・選択肢が少ない。

・新車よりも車検が早くくる。

・オプションが選べない。

・売り切れる

・台数が少ない。

 

新古車として買う一番のメリットは、価格と税金だと思います。

たくさんのオプションがついた車両が、新車と同等の走行距離で、新車より安く買えるというのが魅力だと思います。
欲しいオプションが決まっている方にとっては、まさにうってつけだと思います。


画像出典:https://kakakumag.com/car/?id=11864
 
 
次に税金です。

新車購入では、購入時に何十万という税金をとられてしまいます。
その税金がなくなるということです。

新車購入時の税金についての記事があるので、下記URLからお読みください。

ホンダヴェゼルハイブリッド車の自動車税は?税金と総額一覧は?
好調な売れ行きとなっているホンダヴェゼル。デザインや装備だけにとどまらずハイブリッドやホンダセンシングを装備した、ホンダの先進技術が詰め込まれた最新の車となっています。そのヴェゼルを所有するとなると自動車税などどんな税金がかかるのか、いくらくらいの金額(総額)がかかるのを見ていきたいと思います。

 
 
デメリットとして大きいのは、選択肢についてです。

新車では、選んで注文できますが、新古車では、現状の車両しかありません。
今ここに展示してあるこの車しかないということです。
オプションパーツであれば、あとからディーラーなどで取り付けることは可能ですが、取り付けられないパーツも存在します。
展示されていれば万人が見ているので、悩んでいるうちに売り切れるということもあります。
現在は、インターネット上でも公開されていることが多いので、たくさんの人の目にとまるようになりましたね。

このように選択肢が少なく、早い決断が求められます。

画像出典:https://kakakumag.com/car/?id=11864
 
 
ヴェゼルハイブリッドの新古車についてですが、非常に少なくなっています。
中古車市場でも人気があるので、あっという間に売れてしまいます。
こういう時に強さを発揮するのが、ホンダ直系のオートテラスです。
ディーラーから流れてくるので、一番早く新古車が入ってきます。
何度か足を運んで、色々情報を得られるような関係を築くと良いと思います。

ホンダヴェゼルハイブリッドの新古車と中古車どっちが買いか?

新車と新古車を比較すると、20万円程度安く買えるという傾向があります。
では、新古車と中古車を比較してどちらが良いかというと、予算次第になると思います。


画像出典:https://kakakumag.com/car/?id=11864
 
 
新車の場合は、メンテナンスパックであったりと購入後もあまりお金がかからないようなシステムになっていますが、新古車、中古車では購入後にお金がかかるというシステムになっています。
そう考えて、新古車、中古車で比較すると、新古車のほうが良いかなと思います。
新車同様なので、不具合も少ないでしょうから、メンテナンスにかけるお金も最小限で済むと思います。
中古車ですと、どうしても不具合を抱えていたりして、症状がでてきてしまい、修理というパターンが多いです。
部品によっては、かなりの高額になることも珍しくないので、購入の際によく見極めることが大切になります。
機械なので完璧に、予想通りにというわけにはいかない部分がありますが、プロの目から見てこの部分が心配だということはわかっているはずですからね。
その為に、販売前に自社や他社で整備や点検を行っているはずです。
場合によっては、交換するなら新しい車を買ったほうが安いというパターンもあります。
そうなるとローンだけ増えていくというパターンに陥りがちなので、注意をしてください。

新車は買えないけど、新車に近い状態を望むのであれば、新古車をオススメします。
とにかく安く車両を購入するのであれば、中古車をオススメします。

ホンダヴェゼルハイブリッドの新古車まとめ


画像出典:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/626924.html
 
 
新古車とは、価格、税金面でとてもお得になっている車両です。
ヴェゼルハイブリッドは、中古車市場では人気なので、たくさんの情報収集と素早い決断が求められます。

 
 

新車のホンダヴェゼルを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?


「このホンダヴェゼルを買いたいんだけど予算オーバーだ…」
「ヴェゼルを値引きして安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒くさい…」
「ホンダヴェゼルの新車をお得に最安値で買いたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ホンダヴェゼルの購入を検討しているけど
悩んでいる・・・
という方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

新車ヴェゼルを買うときに、ディーラーに値引きしてもらうしか方法がないと思っていませんか?
「値引き額からさらに30万値引きする方法なんて本当にあるの?」

というのも私は以前そう思っていたんですが、この前友人の話を聞いて

「えっ、そんな方法があるの!?」
「ヴェゼルの値引き額って60万円ぐらいが限界だと思っていたのに、さらに30万の値引きができる方法があったなんて・・・」

とトンカチで頭をガツーンと殴られたような衝撃を受けました。

あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。

新車ヴェゼルの値引き額の限界からさらに30万円以上値引きする方法とは?

その友人も私と同じように、
「新車を買うならディーラーにいかに値引きさせられるかがポイントだよね」
って思っていたようです。

で、実際ディーラーにヴェゼルを買いに行ったら、最初280万円って提示されたらしいんです。

友人も「まーそんなもんかな」と思いながらも、ディーラーの営業マンに

友人
友人

値引きできませんか?ヴェゼル買うならココってきめているんで

って交渉したようです。

そしたら、20代半ばの営業マンからは

営業マン
営業マン

バックモニターやカーナビのディーラーオプションをつければ、30万円は値引きできますよ

と返答があったみたいです。

友人
友人

280万円から30万円を値引きしてもらえれば、250万円か・・・

と友人は心の中でブツブツつぶやき、、、

ですが、250万円は切りたいと思っていたみたいで、

友人
友人

もう少し値引きしてもらうことはできませんか?

としつこく粘ったようです。

ディーラーの営業マンはそう来ると思いましたよ
と言わんばかりに、、、

営業マン
営業マン

それでは、あなたの愛車を20万円で下取りしますよ。

と提案してきました。

友人とすれば、
50万円(30万円+20万円)も安くしてくれたわけですから、嬉しくないはずはありません。

その表情を営業マンは見逃さなかったみたいですね。

営業マン
営業マン

ぜひあなたにこのヴェゼルを買っていただきたいので、いま決めていただければさらに10万円値引きしますよ。

と。

友人は

友人
友人

なんて優しい営業マンなんだ・・・
(30万+20万+10万=60万円も値引きしてくれた)

と思ったようです。
 
 
で、いざ契約しようとしたとき、その友人の携帯がピロロロロ・・・と鳴ったらしいのです。
普段はバイブにしているんですが、そのときだけ忘れており、着信音が鳴ってしまったので、友人は電話を取りました。

どうやら大学時代の友人からだったらしく、

友人
友人

今忙しいからあとでかけ直す

って言ったところ、

 

大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

わかった。俺いま車の買取業者で働いているから、車買うときあったら相談しろよ

と言って電話を切ろうとしたようです。

その言葉を聞いて、慌てて

友人
友人

俺、いままさに車を買おうとしていて、ディーラーにいるんだよ。

だけどお前に相談する必要はなかったよ。だって、営業マンは60万も値引きしてくれたんだ

と得意げに私の友人はその友人に言ったそうです。

 

そしたら、大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

ちなみに聞くけど、ディーラーの下取り価格っていくらって言われた?

と聞いてきたみたいです。

 

友人
友人

たしか20万円だけど・・・

って答えると、

大学時代の友人
大学時代の友人

それだと、30万円をドブにポイッて捨てるようなもんだな

と大学時代の友人は言ってきました。

 

意味のわからない私の友人は、待たせて申し訳ないと、ちらっとディーラーの営業マンに頭を下げて、

友人
友人

もういま契約しようとしてるんだけど、どういうことなんだよ?

と気になってその買取業者に勤務している大学時代の友人に聞いてみたら、その友人はこう言ってきたようです。

大学時代の友人
大学時代の友人

ディーラーの下取り額が安すぎるんだよディーラーは下取りを安く見積もり、その分を値引き額に上乗せしているってこと。それがディーラーの営業手法なんだけどな。

詳しくは今度会ったときに話すけど、
簡単に言うと、、、
もっと高く下取りできるのに、ディーラーの値引きという甘い言葉につられるなってことだよ。

 

私の友人は、ディーラーに値引きしてもらうことしか頭になく、下取りが安すぎると言われても理解ができなかったようです。

で、私の友人は、その大学時代の友人に

友人
友人

じゃー、どうすれば下取りをもっと高くできるんだ?

と電話越しに聞いたみたいです。

大学時代の友人は、

大学時代の友人
大学時代の友人

俺ならもう30万円は高く買えるな。

ただ、大学時代一緒にバカやったお前だから嘘は付きたくないから言うけど、うちより高く買い取りしてくれるところはあるよ。

だそうです。

友人
友人

そんな買取業者あるなら教えてくれよ。

と気になって私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

買取業者っていっても何社もあるから、それを競わせて、一番高く買ってくれる業者を選べばいいよ

と答えてくれました。

 

友人
友人

どうやって競わせるんだよ。何軒も業者回る時間なんてないんだけど

と私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

一括で何社も査定してくれる便利なサイトがあるから、それを使えば良いんだよ。あとでLINEしておくから、試してみたら。じゃーまたな。

と言って、その友人は電話を切ったみたいです。

 

私の友人は、もっと高く買い取りしてくれる業者のことが頭から離れなかったようです。
 
 
結局その日は契約せずに、家に帰りました。
 
 
帰宅後、大学時代の友人からLINEが来て、こちらのかんたん車査定ガイドに無料申し込みをしてみたら、、、

 
なんと
買い取り額が50万円と言われたところがあったようです。

最終的に、私の友人は、

買い取り額      50万円
ディーラーの値引き額 30万円+10万円
合計         90万円

の値引きに見事成功して、新車ヴェゼルを190万円で手に入れたみたいです。

このかんたん車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。

⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたかんたん車査定ガイド公式サイトはこちら
 
 
だから、私もヴェゼルを買うときはまずはこちらのかんたん車査定ガイドで愛車の買い取り額を確認することにしました。
 
 
もしあなたもヴェゼルを買おうと思うなら、まずはこちらのかんたん車査定を試してみてください。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
それと、ご存知の方もいるかと思いますが、買い取り額は、季節地域トレンド海外輸出市況景気などによって左右します。

なので、事前に愛車の買い取り額を把握しておけば、ディーラーの営業マンからの提案を冷静に対処することができます。

慌てて契約してしまい、30万円損してしまうなんてことを避けられます。

もしいまヴェゼルを買おうと思わなくても、無料なので、まずは一度試しにあなたの愛車の買取額をチェックしてみてください。

もちろんあくまで査定です。
ですので、一括査定サイトを利用したからといって絶対に車を売る必要は一切ありません。

キャンセルもできますので、安心して、あなたの愛車の価値を確認してみてくださいね。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

ヴェゼルの値引きから30万円以上安く買えるかんたん車査定ガイドとは?

一括査定サイトは、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれます。
なので、結果的に、値段が吊り上がり、ヴェゼルの新車を
値引きよりさらに30万円安く購入できるというわけです。

こちらのかんたん車査定ガイドは、
現段階の一括下取りサイトでは最高レベルです。
 
 

その理由は、登録されている買取業者も「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりだからです。

しかも東証一部上場のグループ企業が運営していますので、安心して査定を任せることができます。

登録後、すぐに買い取りの見積もりをだしてくれます。
 
 

さらに買い取り価格もこのように非常に高いです。

車の査定を後回しにしていたら、30万円損するかもしれません。

ですので、無料ですので、今すぐこちらのかんたん車査定ガイドをお試しください!

電話連絡が多いと思ったら、メール連絡のみに変更できるのもかんたん車査定の利点です。
「車一括査定は電話が多いのでは?」と心配されているなら、ご安心ください!


 
 
入力時間はたったの45秒です。

まずはあなたのご希望を選びます。
愛車を売ってヴェゼルを安く買いたいなら、愛車を売りたいを!
あなたの愛車の今の相場を知りたいなら、相場を知りたいを選んでください。

その後はあなたの愛車のメーカー名車種名年式走行距離を選択するだけ。

 

 
年式、走行距離も大体でOKです!車検証を確認する必要はありません。
 
入力はお名前、電話番号、住所、メールアドレスのみ。
 

 

 
ほかは選ぶだけなので、45秒で査定が完了します。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

最後まで読んで頂きまして有難うございました。