ホンダヴェゼル ハイブリッドZの内装の評価と口コミ評判は?機能まとめ!

ヴェゼルハイブリッドZの人気の要因となっているのは、外装だけではなく、内装も、その要因の一つとなっています。
そんなヴェゼルハイブリッドZの内装の評価と口コミ評判、機能について見ていきたいと思います。

ホンダヴェゼル ハイブリッドZの内装の装備、機能一覧

引用:http://blog.livedoor.jp/hondavezel/archives/1011626907.html

ハイブリッドZの内装の装備、機能を紹介します。

ハイブリッドZから標準装備になるパーツやオプションとしてハイブリッドzしか取り付けられないパーツもあるので、見てみましょう。

・ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器〈ナビゲーション連動〉

・マルチインフォメーション・ディスプレイ

・インフォメーションディスプレイ(外気温/時計表示機能 など)

・SPORTモードスイッチ

・パワースイッチ 運転席&助手席シートヒーター

・フルオート・エアコンディショナー(プラズマクラスター技術搭載左右独立温度コントロール式)

・スピーカー数 6

・ワンタッチ式パワーウインドウ(挟み込み防止機構/キーオフオペレーション機構付)

・アクセサリーソケット(DC12V)〈フロントコンソールポケット内/センターコンソールボックス後部〉

・コンビシート&専用インテリア

・本革巻ステアリングホイール

・バニティミラー付サンバイザー(運転席/助手席)

・防眩ルームミラー

・ラゲッジルームハードボード

この中には、ハイブリッドZから標準装備となっているパーツはというと、

・コンビシート&専用インテリア

・ラゲッジルームハードボード

以上の2つです。

また、オプションとしてハイブリッドZにしか装備できないパーツはというと、

・運転席8ウェイパワーシート(スライド/リクライニング/ハイト前・後、メモリー機能付+ 助手席4ウェイパワーシート(スライド/リクライニング)

・本革シート&専用インテリア

以上の2つです。
このように、ハイブリッドZにしか装備されていないパーツが外装同様、内装にも存在します。

ハイブリッドZは、最先端、たくさんの装備をオプションとして取り付けられる、ヴェゼルの中でも唯一のグレードなのかなと思います。

個人的考え方ですが、ヴェゼルのグレード分けを考えると、RSが最上位にいますが、RSはスポーツテイストが強いので、また別格のよう気がします。
実質ヴェゼルでの最上位グレードは、ハイブリッドzなのかなと思います。

ホンダヴェゼル ハイブリッドZの内装の評価は?

ヴェゼル ハイブリッドZの内装は、以下の5つの特徴がります。

この特徴と踏まえた上で評価していきたいと思います。

①ミニバン並のゆとりを持たせたリアシート。

「身長185cmの人でも、ゆったり座れる」ことを基準に設計したリアシート。膝まわりをミニバン並の広さとするとともに、座面の奥行きも充分なゆとりを確保。

②優れた後方視界を確保。

リアウインドウを大きくとることで、優れた後方視界を確保。

③高速走行時もくつろぎを。静粛性へのこだわり。

不織布タイプのフロアアンダーカバーや、上級セダンでも使われる高遮音性のフロアカーペットなど、高性能の防音材を採用し、優れた静粛性を実現。

④乗り降りのしやすさも追求。

段差等も乗り越えやすい最低地上高185mmをベースに、多くの方が乗り降りしやすいと感じられる座面の高さを設計。

⑤インテリアの上質感をさらに高める。本革シート&専用インテリア

シートには本革を、ドアライニングには合成皮革をあしらった、本革シート&専用インテリアをオプションでご用意。インテリアの質感をさらに高めます。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/cabin/

引用:http://syachiraku.com/archives/20151005/306728.html

ヴェゼル ハイブリッドZの特徴となっている部分が高く評価されています。

特に評価が高いのは、室内空間の広さです。
フィット同様、センタータンクレイアウトのプラットフォームを使用しているので、運転席から荷室まで抜群に広いです。

シートアレンジが多彩なのも評価されています。

コンパクトSUVというジャンルでは、ナンバーワンだと思います。

次に、室内の質感です。
フィットよりも断然に高級感のある室内になっています。
特にハイブリッドZのみに採用されている、ジャズブラウンの内装色は高評価です。

残念な点は、収納スペースが少ないことです。
ジュースなどを置くスペースがもう少しあると便利だなと思います。

全体的にヴェゼルの特徴となっている部分が高評価を得ています。
思惑通りといったところだと思います。
競合車種と比較すると劣る部分もあれば、勝る部分もあるのです。

コンパクトSUVというジャンルの中で、ホンダらしく、うまく強みをだし、すみわけができていると思います。

ホンダヴェゼル ハイブリッドZの内装の口コミ評判は?

実際にユーザーの声を聞いてみました。

引用:https://rin32.info/entry14.html

良い意見

・値段を考えるとセンスが良く、購買意欲をそそりました。

・高級とまでは呼べないまでも、上質でおしゃれな感じです。

・車内から降りたくなくまります。

・まったく文句はありません。

・これがライバルに比べて、この車の利点でしょう。

・荷室も十分な広さです。

・HONDA車ってインテリアはあんまり…ってのが多い印象だったんですが、ヴェゼルの内装はうまくまとまっています。

・運転席側にコンソール類が向いている点や区切られているレイアウトは良い感じですCR-Zの雰囲気に近いかも?

・収納は少ないですが荷室容量は満足ですしレイアウトも自在です。

・ブレーキホールドは便利です。

・後席も十分な広さなのでゲストを座らせても安心。

・買い物時は跳ね上げて後席に荷物を積んでいます。

・シフトレバーのデザインなんかは最初戸惑いましたが、慣れてしまえば通常のものより使いやすいです。

・スッキリまとまっていると思います。

悪い意見

・シートはお尻が滑りやすく、腰が痛くなりがち。

・エアコンのタッチ操作は、やはり使いにくいです。

・ドリンクホルダーがないのがダメ。

・ドアパネルとフロントパネルのデザインの統合性がありません。

・助手席のスライドが少なくて体の大きい人には少し不満かもしれません。

・他の方もおっしゃるように、テレビは非常に感度が悪いです。

・タコメーターは棒グラフではなく指針にして欲しかった。

・センターコンソールは面白いと思いましたが、ディーラーの話では使いづらいみたいですね。

・センターコンソールの上部に触れると手の脂などがついて汚く感じる。

・リアシートが一段階くらい?しか角度が変わらない。

・意外に運転席周りに物を置けないので(CDとか)ナビの下あたりのスペースをもう少し広くして欲しい。

以上の意見がありました。

 

室内空間の広さ、シートアレンジ、内装の質感について良いという意見が非常に多かったです。
また、エアコンの使いにくさ、収納スペースが少なすぎるという意見もありました。

室内空間を広くするとなると、どうしても犠牲になる部分はでてきてしまいますよね。
これが、今後のホンダの課題と言ってもいいでしょう。
プラットフォームの開発についても、完成にかなり近づいた形になってきていると思うので、次回には収納スペースについても見直されることを願いましょう。
モデルチェンジ後に、どのような変化をしているのか、楽しみな部分の一つですね。

ホンダヴェゼル ハイブリッドZの内装の機能と評価と口コミ評判まとめ

ホンダ車らしく高級感を漂わせた内装が高評価を得ています。

内装の広さと質感は、競合車種にはない魅力があるのが、ハイブリッドZと言っていいでしょうね。

 
 

新車のホンダヴェゼルを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?


「このホンダヴェゼルを買いたいんだけど予算オーバーだ…」
「ヴェゼルを値引きして安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒くさい…」
「ホンダヴェゼルの新車をお得に最安値で買いたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ホンダヴェゼルの購入を検討しているけど
悩んでいる・・・
という方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

新車ヴェゼルを買うときに、ディーラーに値引きしてもらうしか方法がないと思っていませんか?
「値引き額からさらに30万値引きする方法なんて本当にあるの?」

というのも私は以前そう思っていたんですが、この前友人の話を聞いて

「えっ、そんな方法があるの!?」
「ヴェゼルの値引き額って60万円ぐらいが限界だと思っていたのに、さらに30万の値引きができる方法があったなんて・・・」

とトンカチで頭をガツーンと殴られたような衝撃を受けました。

あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。

新車ヴェゼルの値引き額の限界からさらに30万円以上値引きする方法とは?

その友人も私と同じように、
「新車を買うならディーラーにいかに値引きさせられるかがポイントだよね」
って思っていたようです。

で、実際ディーラーにヴェゼルを買いに行ったら、最初280万円って提示されたらしいんです。

友人も「まーそんなもんかな」と思いながらも、ディーラーの営業マンに

友人
友人

値引きできませんか?ヴェゼル買うならココってきめているんで

って交渉したようです。

そしたら、20代半ばの営業マンからは

営業マン
営業マン

バックモニターやカーナビのディーラーオプションをつければ、30万円は値引きできますよ

と返答があったみたいです。

友人
友人

280万円から30万円を値引きしてもらえれば、250万円か・・・

と友人は心の中でブツブツつぶやき、、、

ですが、250万円は切りたいと思っていたみたいで、

友人
友人

もう少し値引きしてもらうことはできませんか?

としつこく粘ったようです。

ディーラーの営業マンはそう来ると思いましたよ
と言わんばかりに、、、

営業マン
営業マン

それでは、あなたの愛車を20万円で下取りしますよ。

と提案してきました。

友人とすれば、
50万円(30万円+20万円)も安くしてくれたわけですから、嬉しくないはずはありません。

その表情を営業マンは見逃さなかったみたいですね。

営業マン
営業マン

ぜひあなたにこのヴェゼルを買っていただきたいので、いま決めていただければさらに10万円値引きしますよ。

と。

友人は

友人
友人

なんて優しい営業マンなんだ・・・
(30万+20万+10万=60万円も値引きしてくれた)

と思ったようです。
 
 
で、いざ契約しようとしたとき、その友人の携帯がピロロロロ・・・と鳴ったらしいのです。
普段はバイブにしているんですが、そのときだけ忘れており、着信音が鳴ってしまったので、友人は電話を取りました。

どうやら大学時代の友人からだったらしく、

友人
友人

今忙しいからあとでかけ直す

って言ったところ、

 

大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

わかった。俺いま車の買取業者で働いているから、車買うときあったら相談しろよ

と言って電話を切ろうとしたようです。

その言葉を聞いて、慌てて

友人
友人

俺、いままさに車を買おうとしていて、ディーラーにいるんだよ。

だけどお前に相談する必要はなかったよ。だって、営業マンは60万も値引きしてくれたんだ

と得意げに私の友人はその友人に言ったそうです。

 

そしたら、大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

ちなみに聞くけど、ディーラーの下取り価格っていくらって言われた?

と聞いてきたみたいです。

 

友人
友人

たしか20万円だけど・・・

って答えると、

大学時代の友人
大学時代の友人

それだと、30万円をドブにポイッて捨てるようなもんだな

と大学時代の友人は言ってきました。

 

意味のわからない私の友人は、待たせて申し訳ないと、ちらっとディーラーの営業マンに頭を下げて、

友人
友人

もういま契約しようとしてるんだけど、どういうことなんだよ?

と気になってその買取業者に勤務している大学時代の友人に聞いてみたら、その友人はこう言ってきたようです。

大学時代の友人
大学時代の友人

ディーラーの下取り額が安すぎるんだよディーラーは下取りを安く見積もり、その分を値引き額に上乗せしているってこと。それがディーラーの営業手法なんだけどな。

詳しくは今度会ったときに話すけど、
簡単に言うと、、、
もっと高く下取りできるのに、ディーラーの値引きという甘い言葉につられるなってことだよ。

 

私の友人は、ディーラーに値引きしてもらうことしか頭になく、下取りが安すぎると言われても理解ができなかったようです。

で、私の友人は、その大学時代の友人に

友人
友人

じゃー、どうすれば下取りをもっと高くできるんだ?

と電話越しに聞いたみたいです。

大学時代の友人は、

大学時代の友人
大学時代の友人

俺ならもう30万円は高く買えるな。

ただ、大学時代一緒にバカやったお前だから嘘は付きたくないから言うけど、うちより高く買い取りしてくれるところはあるよ。

だそうです。

友人
友人

そんな買取業者あるなら教えてくれよ。

と気になって私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

買取業者っていっても何社もあるから、それを競わせて、一番高く買ってくれる業者を選べばいいよ

と答えてくれました。

 

友人
友人

どうやって競わせるんだよ。何軒も業者回る時間なんてないんだけど

と私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

一括で何社も査定してくれる便利なサイトがあるから、それを使えば良いんだよ。あとでLINEしておくから、試してみたら。じゃーまたな。

と言って、その友人は電話を切ったみたいです。

 

私の友人は、もっと高く買い取りしてくれる業者のことが頭から離れなかったようです。
 
 
結局その日は契約せずに、家に帰りました。
 
 
帰宅後、大学時代の友人からLINEが来て、こちらのかんたん車査定ガイドに無料申し込みをしてみたら、、、

 
なんと
買い取り額が50万円と言われたところがあったようです。

最終的に、私の友人は、

買い取り額      50万円
ディーラーの値引き額 30万円+10万円
合計         90万円

の値引きに見事成功して、新車ヴェゼルを190万円で手に入れたみたいです。

このかんたん車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。

⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたかんたん車査定ガイド公式サイトはこちら
 
 
だから、私もヴェゼルを買うときはまずはこちらのかんたん車査定ガイドで愛車の買い取り額を確認することにしました。
 
 
もしあなたもヴェゼルを買おうと思うなら、まずはこちらのかんたん車査定を試してみてください。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
それと、ご存知の方もいるかと思いますが、買い取り額は、季節地域トレンド海外輸出市況景気などによって左右します。

なので、事前に愛車の買い取り額を把握しておけば、ディーラーの営業マンからの提案を冷静に対処することができます。

慌てて契約してしまい、30万円損してしまうなんてことを避けられます。

もしいまヴェゼルを買おうと思わなくても、無料なので、まずは一度試しにあなたの愛車の買取額をチェックしてみてください。

もちろんあくまで査定です。
ですので、一括査定サイトを利用したからといって絶対に車を売る必要は一切ありません。

キャンセルもできますので、安心して、あなたの愛車の価値を確認してみてくださいね。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

ヴェゼルの値引きから30万円以上安く買えるかんたん車査定ガイドとは?

一括査定サイトは、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれます。
なので、結果的に、値段が吊り上がり、ヴェゼルの新車を
値引きよりさらに30万円安く購入できるというわけです。

こちらのかんたん車査定ガイドは、
現段階の一括下取りサイトでは最高レベルです。
 
 

その理由は、登録されている買取業者も「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりだからです。

しかも東証一部上場のグループ企業が運営していますので、安心して査定を任せることができます。

登録後、すぐに買い取りの見積もりをだしてくれます。
 
 

さらに買い取り価格もこのように非常に高いです。

車の査定を後回しにしていたら、30万円損するかもしれません。

ですので、無料ですので、今すぐこちらのかんたん車査定ガイドをお試しください!

電話連絡が多いと思ったら、メール連絡のみに変更できるのもかんたん車査定の利点です。
「車一括査定は電話が多いのでは?」と心配されているなら、ご安心ください!


 
 
入力時間はたったの45秒です。

まずはあなたのご希望を選びます。
愛車を売ってヴェゼルを安く買いたいなら、愛車を売りたいを!
あなたの愛車の今の相場を知りたいなら、相場を知りたいを選んでください。

その後はあなたの愛車のメーカー名車種名年式走行距離を選択するだけ。

 

 
年式、走行距離も大体でOKです!車検証を確認する必要はありません。
 
入力はお名前、電話番号、住所、メールアドレスのみ。
 

 

 
ほかは選ぶだけなので、45秒で査定が完了します。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

最後まで読んで頂きまして有難うございました。