Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/evolutioner/hondavezel-life.net/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/evolutioner/hondavezel-life.net/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/evolutioner/hondavezel-life.net/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 844
ホンダヴェゼルの新型ハイブリッド平均納車期間は?スバルXVとの口コミ評価比較 | ホンダヴェゼルライフ

ホンダヴェゼルの新型ハイブリッド平均納車期間は?スバルXVとの口コミ評価比較

マイナーチェンジにより、好調な人気の推移を見せるホンダヴェゼルの新型ハイブリッド

そんなヴェゼルの新型ハイブリッドの購入を考えている方には気になる納車期間、競合車種であるスバルXVとの口コミ評価を比較していきたいと思います。

ホンダヴェゼルの新型ハイブリッド平均納車期間は?

納車期間とは、車種の人気によって大きく変動します。

最近ですと、ホンダのS660が発売から予約が殺到し、納車待ちが長かったということがありました。
一部ハンドメイド部品があった為、生産が追い付かず、納車待ちという状況でしたが、今は解消しているようです。

ヴェゼルに関しては、生産体制も整っているので、2018年9月現在で平均納車期間は1.5ヶ月となっています。

時期や手続きの進め方などで差がでてきてしまいますが、早い納期で1ヶ月、遅い納期で2ヶ月です。
2018年9月に注文すると、2018年11月には納車されます。
納車期間が長くても2ヶ月というのは他の車種と比較しても、変わりありません。
平均的と言えるでしょうね。

2ヶ月も待つのも長いなと思う方もいると思います。
そんな方に納車期間を短くする方法を紹介したいと思います。

①キャンセル待ちをする

引用:http://dealer.honda.co.jp/hondacars-igakita/ja/shop/2390007101.html

新車注文がたくさんあればあるほど、キャンセルがでる確率も高くなります。
キャンセルとなれば、販売店としても困る部分があるので、この車をどうしようか?と悩みます。
その時に、私が買いますと言えばいいのです。
キャンセルがでたという情報は、ユーザー側には伝わらないことが多いので、事前に担当者さんにキャンセルがでたら買いますという意思表示をしておくことが大前提となります。

②中古車で探す

引用:https://www.hondaism.com/ucar/autoterrace.php

大人気のヴェゼルなので、中古車市場でもかなりの台数があります。
中古車と言っても、試乗車などで使用した、新古車という車があります。
多少の走行はありますが、新車とほとんど変わりません。
車は完成しているので、登録や整備をするだけで、納車という形になります。
場合によっては、新古車を購入したほうが、安く買えるというケースもあるので、要チェックです。

以上の2つの方法あります。

この方法を実践するには、担当の方との良好な関係を築くことがとても大切になります。

納車期間は、販売店側は細かくタイムリーな情報を持っているので、気になったら担当の方に電話してみるのが一番の解決策です。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

ホンダヴェゼルの新型ハイブリッドとスバルXVとの違いは?

ヴェゼルハイブリッドとスバルXVで比較してみたいと思います。

引用:http://vezelblog1717.seesaa.net/

ヴェゼルハイブリッド

駆動方式 FF 4WD
エンジン 1.5L i-VTEC+i-DCD
トランスミッション 7速デュアルクラッチトランスミッション
JC08モード燃費※2 27.0km/L 23.2km/L
リサイクル料金※3 11,340円は別途

出展:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/

引用:http://car-report.jp/blog-entry-1480.html

スバルXV

エンジン 1.6ℓ DOHC
駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション リニアトロニック
最高出力[ネット] 85kW(115PS)/6200rpm
最大トルク[ネット] 148N・m(15.1kgf・m)/
3600rpm
燃費 16.2km/ℓ

出展:https://www.subaru.jp/xv/xv/grade/grade.html#grade1

 

大きな違いとしては、エンジン、トランスミッション、燃費です。
エンジンは、スバルXVのほうが、0.1L大きいです。
トランスミッションは、それぞれ自社独自のシステムを採用しています。
スバルを象徴するAWDもXVには装備されています。
燃費は、ヴェゼルハイブリッドのほうが10.8km/L良いです。
このは大きいと思います。
10km/Lの違いというと、トヨタのアルファードやヴェルファイアの平均燃費に匹敵します。
お金の面でも計算してみると、50キロ走行し160円のガソリンを入れたとすると、800円の違いです。
毎日通勤に使用したとすると、年間約29万円の差がでてきます。
年間で考えると大きな差になってきますね。

ボディーサイズに関して気を付けてもらいたいです。
スバルXVのほうがボディーサイズが大きいです。
トヨタのプリウスとほぼ同じサイズです。
スバルのインプレッサのプラットフォームを使用しているので、どうしても大きくなってしまうんです。
ヴェゼルハイブリッドのほうが、よりコンパクトSUVと言えるでしょうね。

車両の高さについても、スバルXVのほうが高いです。
ヴェゼルハイブリッドは、185mmですが、スバルXVは200mmと15㎜の差があります。
小さな差ですが、荷物の積み下ろしや乗り降りに関わってくる部分なので、実際に試乗して体感してもらいたいです。
スバルXVのほうが、よりSUVらしさを感じられますね。

スバル車に関しては日本のポルシェと呼ばれ、国産他メーカーとは違うエンジンを装備しています。
エンジン音や走行フィーリングが独特なので、一度乗るとハマる人も多いですが、好き嫌いが分かれやすいです。

個人的には、スバル車はあまり好きではありません。
車人生で、一度も所有したことがありません。
水平対向エンジンで、バランスもよく走行性能は良いと思いますが、エンジン音が苦手です。

全部は紹介しきれませんでしたが、装備に関しても違いがあり、ヴェゼルハイブリッド、スバルXVとそれぞれの良さがあるので、自分の好みや予算にあった選び方をしたいですね。

ホンダヴェゼルの新型ハイブリッドとスバルXVの口コミ評価比較

実際に、ユーザーの意見を聞いてみました。

ヴェゼルハイブリッドの口コミは、

・内装のウルトラスエードは思たより良かったです。とにかく滑らないし、ホールド感があります。

・無音でスーッとモーターアシストで走り出し、途中でエンジンに切り替わるHVは始動音が聞こえにくいので高級感を感じます。

・i-DCDがかなりなめらかで、シフトチェンジの際のショックはほとんど感じません。

・このクォリティで300万を切っているので、コストパフォーマンスは高いと思います。

・ブレーキのタッチも改善されガソリン車と遜色ないフィールで効き具合ともに問題なし。

・今まではハイオク指定で1週間に一度給油してましたが今は月に一度、しかもレギュラー!お財布に優しい車です。

悪い意見

・ハイブリッドの耐久性・信頼性が心配

・ハイブリッド系統は5年50,000kmまではメーカー保証だけどその後、有料となる。

・トヨタHVシステムは成熟してると思うけどホンダHVは発展途上状態と思います。

・内装色が選べないのが残念です。

・高速走行時の段差等の突き上げが結構あります。

・後部座席での長時間移動は少しつらいかもしれないですね。

・バッテリー交換となれば、更に17万円の費用は必要となり頭を抱えそうです。

・メーターは未来感があって良かったが、タコメーター見にくい。

・ハイブリッドはアクセルレスポンスかどうしても遅い

・フィットベースに、パワフルなエンジンによるスポーティさ、ハイブリッドの燃費追求、コンフォートとラグジュアリーを全て追い求めたことによる、アンバランスが生じており、調和しきれていない。

・エンジンに変わるとガクガクと振動し、もたつく。

・。硬いのは好みなのでぜんぜんかまわないが、振動やロードノイズはすごく気になる

・直進安定性があるがハンドルが重い。

・ハイブリッドにしては物足りない感のある燃費。

ハイブリッド特有の静粛性や燃費の良さが、高評価となっていますね。

ヴェゼルハイブリッド車とガソリン車の比較が気になる方は、下記をどうぞお読みください。
https://hondavezel-life.net/archives/302

スバルXVの口コミはというと、

引用:https://dime.jp/genre/375346/

良い意見

・コンパクトSUVといっても走りは立派なものだと思いました。

・ACCを使用すれば楽な上に燃費もかなり伸びます。

・最近の近未来的なデザインは苦手なのでxvはなかなかよかったです。

・スタイリッシュかつ飽きのこないデザインだと思います。

・乗り心地も良く、走行フィーリングも良好で、高速クルコンは疲れ知らずです。

・国産からの乗り換えなら絶対感動するとは思う。

・操舵性、安定性が抜群ですね。

・走行性能はもちろんのこと、安定のAWD、そしてアイサイトVer3が標準装備でこの価格は素晴らしいです。

悪い意見

・ガソリン垂れ流しの昭和のエンジン。

・ステアリング周りは少しごちゃごちゃしてる。

・電動パーキングブレーキなのにオートブレーキが付いていない事ですね。

・運転席・MFD・ナビと3つも画面があって落ち着かないような。

・始動時の高回転・騒音がやや気になります。

・フロントシートはイマイチ、たぶん300kmくらい一気に走ったら疲れると思う。

・厳冬期は、無駄にアイドリング回転数が高く、おそらく吹いているガソリンも濃すぎで、燃費が極端に悪化する。

・加速時のギクシャクさえ無ければ。

・ターボモデルが選べるとより魅力的かもしれませんね。

以上のような口コミがありました。

スバル独特のデザインや安全装備のアイサイトについては高評価を得ていますね。
悪い意見を見ても、スバルらしさを感じられます。
スバルのコンパクトSUVとしては、大成功と言えるのではないでしょうか。

 

ヴェゼルハイブリッドとスバルXVを比較すると、どちらもコンパクトSUVとして満足されているユーザーが多いです。
デザイン、燃費を考えるユーザーであれば、ヴェゼルハイブリッドの割合が多く、走行性能、安全装備を考えるユーザーではれば、スバルXVを選ばれる割合が多いです。
どちらもコンパクトSUVという枠の中にいますが、それぞれ違った特性を持っています。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

ホンダヴェゼルの新型ハイブリッド平均納車期間は?スバルXVとの口コミ評価比較まとめ

ヴェゼルハイブリッド、スバルXVは、先にスバルXVが発売され、1年後にヴェゼルハイブリッド発売され、どちらも納車期間は現在では変わりません。
ホンダとスバルの良さが味付けされているので、それぞれの楽しみがあります。
自分の求めているものと照らし合わせると、選ぶことができると思います。

 
 

新車のホンダヴェゼルを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?


「このホンダヴェゼルを買いたいんだけど予算オーバーだ…」
「ヴェゼルを値引きして安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒くさい…」
「ホンダヴェゼルの新車をお得に最安値で買いたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ホンダヴェゼルの購入を検討しているけど
悩んでいる・・・
という方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

新車ヴェゼルを買うときに、ディーラーに値引きしてもらうしか方法がないと思っていませんか?
「値引き額からさらに30万値引きする方法なんて本当にあるの?」

というのも私は以前そう思っていたんですが、この前友人の話を聞いて

「えっ、そんな方法があるの!?」
「ヴェゼルの値引き額って60万円ぐらいが限界だと思っていたのに、さらに30万の値引きができる方法があったなんて・・・」

とトンカチで頭をガツーンと殴られたような衝撃を受けました。

あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。

新車ヴェゼルの値引き額の限界からさらに30万円以上値引きする方法とは?

その友人も私と同じように、
「新車を買うならディーラーにいかに値引きさせられるかがポイントだよね」
って思っていたようです。

で、実際ディーラーにヴェゼルを買いに行ったら、最初280万円って提示されたらしいんです。

友人も「まーそんなもんかな」と思いながらも、ディーラーの営業マンに

友人
友人

値引きできませんか?ヴェゼル買うならココってきめているんで

って交渉したようです。

そしたら、20代半ばの営業マンからは

営業マン
営業マン

バックモニターやカーナビのディーラーオプションをつければ、30万円は値引きできますよ

と返答があったみたいです。

友人
友人

280万円から30万円を値引きしてもらえれば、250万円か・・・

と友人は心の中でブツブツつぶやき、、、

ですが、250万円は切りたいと思っていたみたいで、

友人
友人

もう少し値引きしてもらうことはできませんか?

としつこく粘ったようです。

ディーラーの営業マンはそう来ると思いましたよ
と言わんばかりに、、、

営業マン
営業マン

それでは、あなたの愛車を20万円で下取りしますよ。

と提案してきました。

友人とすれば、
50万円(30万円+20万円)も安くしてくれたわけですから、嬉しくないはずはありません。

その表情を営業マンは見逃さなかったみたいですね。

営業マン
営業マン

ぜひあなたにこのヴェゼルを買っていただきたいので、いま決めていただければさらに10万円値引きしますよ。

と。

友人は

友人
友人

なんて優しい営業マンなんだ・・・
(30万+20万+10万=60万円も値引きしてくれた)

と思ったようです。
 
 
で、いざ契約しようとしたとき、その友人の携帯がピロロロロ・・・と鳴ったらしいのです。
普段はバイブにしているんですが、そのときだけ忘れており、着信音が鳴ってしまったので、友人は電話を取りました。

どうやら大学時代の友人からだったらしく、

友人
友人

今忙しいからあとでかけ直す

って言ったところ、

 

大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

わかった。俺いま車の買取業者で働いているから、車買うときあったら相談しろよ

と言って電話を切ろうとしたようです。

その言葉を聞いて、慌てて

友人
友人

俺、いままさに車を買おうとしていて、ディーラーにいるんだよ。

だけどお前に相談する必要はなかったよ。だって、営業マンは60万も値引きしてくれたんだ

と得意げに私の友人はその友人に言ったそうです。

 

そしたら、大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

ちなみに聞くけど、ディーラーの下取り価格っていくらって言われた?

と聞いてきたみたいです。

 

友人
友人

たしか20万円だけど・・・

って答えると、

大学時代の友人
大学時代の友人

それだと、30万円をドブにポイッて捨てるようなもんだな

と大学時代の友人は言ってきました。

 

意味のわからない私の友人は、待たせて申し訳ないと、ちらっとディーラーの営業マンに頭を下げて、

友人
友人

もういま契約しようとしてるんだけど、どういうことなんだよ?

と気になってその買取業者に勤務している大学時代の友人に聞いてみたら、その友人はこう言ってきたようです。

大学時代の友人
大学時代の友人

ディーラーの下取り額が安すぎるんだよディーラーは下取りを安く見積もり、その分を値引き額に上乗せしているってこと。それがディーラーの営業手法なんだけどな。

詳しくは今度会ったときに話すけど、
簡単に言うと、、、
もっと高く下取りできるのに、ディーラーの値引きという甘い言葉につられるなってことだよ。

 

私の友人は、ディーラーに値引きしてもらうことしか頭になく、下取りが安すぎると言われても理解ができなかったようです。

で、私の友人は、その大学時代の友人に

友人
友人

じゃー、どうすれば下取りをもっと高くできるんだ?

と電話越しに聞いたみたいです。

大学時代の友人は、

大学時代の友人
大学時代の友人

俺ならもう30万円は高く買えるな。

ただ、大学時代一緒にバカやったお前だから嘘は付きたくないから言うけど、うちより高く買い取りしてくれるところはあるよ。

だそうです。

友人
友人

そんな買取業者あるなら教えてくれよ。

と気になって私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

買取業者っていっても何社もあるから、それを競わせて、一番高く買ってくれる業者を選べばいいよ

と答えてくれました。

 

友人
友人

どうやって競わせるんだよ。何軒も業者回る時間なんてないんだけど

と私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

一括で何社も査定してくれる便利なサイトがあるから、それを使えば良いんだよ。あとでLINEしておくから、試してみたら。じゃーまたな。

と言って、その友人は電話を切ったみたいです。

 

私の友人は、もっと高く買い取りしてくれる業者のことが頭から離れなかったようです。
 
 
結局その日は契約せずに、家に帰りました。
 
 
帰宅後、大学時代の友人からLINEが来て、こちらのナビクル車査定に無料申し込みをしてみたら、、、

 
なんと
買い取り額が50万円と言われたところがあったようです。

最終的に、私の友人は、

買い取り額      50万円
ディーラーの値引き額 30万円+10万円
合計         90万円

の値引きに見事成功して、新車ヴェゼルを190万円で手に入れたみたいです。

このナビクル車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。

⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたナビクル車査定公式サイトはこちら
 
 
だから、私もヴェゼルを買うときはまずはこちらのナビクル車査定で愛車の買い取り額を確認することにしました。
 
 
もしあなたもヴェゼルを買おうと思うなら、まずはこちらのナビクル車査定を試してみてください。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
それと、ご存知の方もいるかと思いますが、買い取り額は、季節地域トレンド海外輸出市況景気などによって左右します。

なので、事前に愛車の買い取り額を把握しておけば、ディーラーの営業マンからの提案を冷静に対処することができます。

慌てて契約してしまい、30万円損してしまうなんてことを避けられます。

もしいまヴェゼルを買おうと思わなくても、無料なので、まずは一度試しにあなたの愛車の買取額をチェックしてみてください。

もちろんあくまで査定です。
ですので、一括査定サイトを利用したからといって絶対に車を売る必要は一切ありません。

キャンセルもできますので、安心して、あなたの愛車の価値を確認してみてくださいね。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

ヴェゼルの値引きから30万円以上安く買えるナビクル車査定とは?

一括査定サイトは、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれます。
なので、結果的に、値段が吊り上がり、ヴェゼルの新車を
値引きよりさらに30万円安く購入できるというわけです。

こちらのナビクル車査定は、
現段階の一括下取りサイトでは最高レベルです。
 
 

その理由は、登録されている買取業者も「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりだからです。

しかも東証一部上場のグループ企業が運営していますので、安心して査定を任せることができます。

登録後、すぐに買い取りの見積もりをだしてくれます。
 
 

さらに買い取り価格もこのように非常に高いです。

車の査定を後回しにしていたら、30万円損するかもしれません。

ですので、無料ですので、今すぐこちらのナビクル車査定をお試しください!

電話連絡が多いと思ったら、メール連絡のみに変更できるのもナビクル車査定の利点です。
「車一括査定は電話が多いのでは?」と心配されているなら、ご安心ください!


 
 
入力時間はたったの45秒です。

まずはあなたのご希望を選びます。
愛車を売ってヴェゼルを安く買いたいなら、愛車を売りたいを!
あなたの愛車の今の相場を知りたいなら、相場を知りたいを選んでください。

その後はあなたの愛車のメーカー名車種名年式走行距離を選択するだけ。

 

 
年式、走行距離も大体でOKです!車検証を確認する必要はありません。
 
入力はお名前、電話番号、住所、メールアドレスのみ。
 

 

 
ほかは選ぶだけなので、45秒で査定が完了します。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

最後まで読んで頂きまして有難うございました。