ホンダヴェゼルRS ハイブリッド車とガソリン車との違いは?

ヴェゼルRSにはハイブリッドが設定され、RSグレードにハイブリッドということで注目されています。

そのヴェゼルRSのハイブリッド車とガソリン車との違いについて見ていきたいと思います。

ホンダヴェゼルRSとは?

2016年2月に発売され、発売直後から大人気になりました。

RS専用装備ホンダセンシングが標準装備という点でも注目を浴びました。

他のグレードより、若干硬めの乗り心地となっていて、RSらしさが感じられます。

試乗者の台数が少なく、試乗できるディーラーが限られていて、限定感を漂わせています。

万人受けする車ではなく、走りが好きな人の為に投入されましたが、求めているユーザーは多いという結果になりました。

リセールバリューも、ヴェゼルのグレードの中では一番高いのも特徴です。

ホンダヴェゼルRS ハイブリッド車のメリットとデメリットは?

ハイブリッド車のメリットとデメリットについて簡潔にまとめていきたいと思います。

引用:http://www.ultraprint.co.jp/printer-rental/merit-and-demerit.html

メリット

・燃費が良い

・加速力が良い

・スムーズなドライビング

・静粛性がある

・税金優遇がある

 

デメリット

・価格が高い

・他メーカーほど燃費がよくない

・バッテリーが高い

・修理となると高額になる

駆動方式 FF
エンジン 1.5L i-VTEC+i-DCD
トランスミッション 7速デュアルクラッチトランスミッション
JC08モード燃費※2 25.6km/L
リサイクル料金※3 11,340円は別途

出展:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/

ホンダヴェゼルRSガソリン車のメリットとデメリットは?

ガソリン車のメリットとデメリットについて簡潔にまとめていきたいと思います。

引用:https://jam-jam-jam.com/shipping-reputation/

メリット

・ハイブリッド車より約33万円安い

・ハイブリッドシステムが搭載されていない分、車両重量が100kg軽い

・ガソリン車ならではの乗り味が楽しめる

・トータル維持費が計算しやすい

 

デメリット

・燃費がわるい

・ハイブリッド車のような加速力がない

・エンジン音がうるさい

駆動方式 FF
エンジン 1.5L i-VTEC
トランスミッション CVT
JC08モード燃費※2 20.2km/L
リサイクル料金※3 11,340円は別途

出展:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/gasoline/

ホンダヴェゼルRS ハイブリッド車とガソリン車との違いは?

ハイブリッド車とガソリン車を比較しながら整理していきましょう。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/628/013/html/VEZEL_093.jpg.html

大きな違いは、エンジンの違いです。

ハイブリッド車は、モーターとエンジンを搭載しています。
エンジンの力だけではなく、モーターの力と併用するということです。

ガソリン車は、エンジンのみです。

 

外装に関しても、大きな違いはなく、HYBRIDというエンブレムがつくかつかないかです。

RS専用装備となっているフロントグリル・フォグランプ・ボディロアガーニッシュ・ドアミラー・マフラー・ダンパー・18インチホイールは共通となっています。

 

内装に関しては、本革のセレクトレバーがガソリン車のみに設定されています。
このへんがRSらしさを感じる部分だと思います。

他のシート・ステアリング・ペダルは共通となっています。

 

新車購入時の税金面では差がでてきます。

ヴェゼルRSハイブリッド車では、エコカー減税の対象となり、約27000円の優遇があります。

ハイブリッド車とガソリン車の販売価格では、約30万円の差があるので、エコカー減税で少しだけ負担を減らすことができます。

ハイブリッド車の優遇について調べてみると、新しい発見があるかもしれません。

 

ガソリン車には良いところがないのと思いがちですが、実は燃費が良いんです。

ヴェゼルRS ハイブリッド車とガソリン車では、約5km/Lの差しかないのです。

他のメーカーでハイブリッド車とガソリン車を比較すると、カタログ燃費でも倍近い差が生まれてしまいますが、ヴェゼルはに関しては非常に差が少ないです。

私の考え方ですが、このくらいしか燃費の差がないのであれば、ハイブリッド車としての魅力がよくわかりません。

これだけしか燃費の差がつかないということに、不安さえ感じます。

ハイブリッドシステムやホンダセンシングという安全システムを見てもそうですが、まだ開発途中というイメージしかありません。

国内自動車メーカーで1番最初にハイブリッドシステムや安全システムに取り組んだ、トヨタの技術力には及ばないなという印象があります。

ホンダの強みは、ガソリンエンジンで低燃費で排出ガスも少なく高回転までまわるエンジンというのが一番の魅力だと思います。

そういう部分を全面的に押し出したセールス方法もありだと思います。

世界的な取り組みや国としてに対応など様々なことがあると思いますが、現状ではホンダらしさがなくなってしまうような気がしてなりません。

 

今後の自動車業界で差別化するとしたら、ハイブリッドシステムと安全システムが重視されてくると思います。

掃除機で有名なダイソンがモーター開発なんてニュースもありましたね。

ハイブリッドシステムであれば、モーターやリチウムイオン電池の軽量化、小型化の開発が進んでいると思いますが、小さくするにしても限界があると思います。

そうなるとエンジンを小型化するか、100%電気自動車にしてしまうかしか方法がなくなります。

どちらかというと電気自動車にシフトしているような気がします。

モーターを大きくして、リチウムイオン電池も大容量にするということですね。

個人的にずっと思っていることがあって、リチウムイオン電池をウエイトとして使用して、車両前後左右のバランスをとるという使い方はできないものかと思います。

プラットフォームの設計の段階から、リチウムイオン電池をつけるスペースを考えながら設計していけば、不可能ではないと思っています。

課題は多いですがね。

引用:http://www.i-akabane.com/equipment/eco.html

現在目指している車の形というのは、安全で環境に優しい車です。

そうなると自然にエンジンの存在は消えていきます。

運転に関しても、技術は必要なくなってきてしまいます。

もしかすると免許取得年齢が下がったりなんてこともあるかもしれません。

例えば、高校の通学は車が当たり前なんてことがあるかもしれません。

車だけにとどまらずバイクなどもハイブリッドシステムとなっているこの時代の流れの先には、何が見えているのか、さっぱり私にはわかりません。

車=エンジンというのが当たり前に続いた長い時代も、終わりを告げようとしていて、新しい車の時代が始まろうとしています。

開発競争も激化し、そう簡単にできる技術ではないので、断念するメーカーもでてくると思います。

合併や吸収が相次いで行われるなんてことも、そう遠くなはないかもしれません。

日本の自動車メーカーは現在12社あります。

トラックやバスのメーカーも含まれて12社ですが、一般的なメーカーと言えば7社かなと思います。

このメーカーが、半分の6社になってしまうなんてこともあるかもしれません。

それだけハイブリッドシステムや安全システムについては、莫大なお金と時間がかかります。

そこまで投資をしてやっていくか、他のメーカーもしくは外国車メーカーと手を組んだほうが良いのではないだろうかと考えることもあると思います。

 

燃費ばかり気にする現代になり、排出ガスゼロが主流になりつつある今、技術が追い付いていないメーカーは今後どうなっていくのでしょうか。

ホンダヴェゼルRS ハイブリッド車とガソリン車との違いまとめ

エンジン以外の大きな違いはなく、RSというスポーツテイストの強いグレードで、走りのヴェゼルという新しいラインナップとなりました。

RSに何を求めるのかは、あなた次第です。

 
 

新車のホンダヴェゼルを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?


「このホンダヴェゼルを買いたいんだけど予算オーバーだ…」
「ヴェゼルを値引きして安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒くさい…」
「ホンダヴェゼルの新車をお得に最安値で買いたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ホンダヴェゼルの購入を検討しているけど
悩んでいる・・・
という方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

新車ヴェゼルを買うときに、ディーラーに値引きしてもらうしか方法がないと思っていませんか?
「値引き額からさらに30万値引きする方法なんて本当にあるの?」

というのも私は以前そう思っていたんですが、この前友人の話を聞いて

「えっ、そんな方法があるの!?」
「ヴェゼルの値引き額って60万円ぐらいが限界だと思っていたのに、さらに30万の値引きができる方法があったなんて・・・」

とトンカチで頭をガツーンと殴られたような衝撃を受けました。

あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。

新車ヴェゼルの値引き額の限界からさらに30万円以上値引きする方法とは?

その友人も私と同じように、
「新車を買うならディーラーにいかに値引きさせられるかがポイントだよね」
って思っていたようです。

で、実際ディーラーにヴェゼルを買いに行ったら、最初280万円って提示されたらしいんです。

友人も「まーそんなもんかな」と思いながらも、ディーラーの営業マンに

友人
友人

値引きできませんか?ヴェゼル買うならココってきめているんで

って交渉したようです。

そしたら、20代半ばの営業マンからは

営業マン
営業マン

バックモニターやカーナビのディーラーオプションをつければ、30万円は値引きできますよ

と返答があったみたいです。

友人
友人

280万円から30万円を値引きしてもらえれば、250万円か・・・

と友人は心の中でブツブツつぶやき、、、

ですが、250万円は切りたいと思っていたみたいで、

友人
友人

もう少し値引きしてもらうことはできませんか?

としつこく粘ったようです。

ディーラーの営業マンはそう来ると思いましたよ
と言わんばかりに、、、

営業マン
営業マン

それでは、あなたの愛車を20万円で下取りしますよ。

と提案してきました。

友人とすれば、
50万円(30万円+20万円)も安くしてくれたわけですから、嬉しくないはずはありません。

その表情を営業マンは見逃さなかったみたいですね。

営業マン
営業マン

ぜひあなたにこのヴェゼルを買っていただきたいので、いま決めていただければさらに10万円値引きしますよ。

と。

友人は

友人
友人

なんて優しい営業マンなんだ・・・
(30万+20万+10万=60万円も値引きしてくれた)

と思ったようです。
 
 
で、いざ契約しようとしたとき、その友人の携帯がピロロロロ・・・と鳴ったらしいのです。
普段はバイブにしているんですが、そのときだけ忘れており、着信音が鳴ってしまったので、友人は電話を取りました。

どうやら大学時代の友人からだったらしく、

友人
友人

今忙しいからあとでかけ直す

って言ったところ、

 

大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

わかった。俺いま車の買取業者で働いているから、車買うときあったら相談しろよ

と言って電話を切ろうとしたようです。

その言葉を聞いて、慌てて

友人
友人

俺、いままさに車を買おうとしていて、ディーラーにいるんだよ。

だけどお前に相談する必要はなかったよ。だって、営業マンは60万も値引きしてくれたんだ

と得意げに私の友人はその友人に言ったそうです。

 

そしたら、大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

ちなみに聞くけど、ディーラーの下取り価格っていくらって言われた?

と聞いてきたみたいです。

 

友人
友人

たしか20万円だけど・・・

って答えると、

大学時代の友人
大学時代の友人

それだと、30万円をドブにポイッて捨てるようなもんだな

と大学時代の友人は言ってきました。

 

意味のわからない私の友人は、待たせて申し訳ないと、ちらっとディーラーの営業マンに頭を下げて、

友人
友人

もういま契約しようとしてるんだけど、どういうことなんだよ?

と気になってその買取業者に勤務している大学時代の友人に聞いてみたら、その友人はこう言ってきたようです。

大学時代の友人
大学時代の友人

ディーラーの下取り額が安すぎるんだよディーラーは下取りを安く見積もり、その分を値引き額に上乗せしているってこと。それがディーラーの営業手法なんだけどな。

詳しくは今度会ったときに話すけど、
簡単に言うと、、、
もっと高く下取りできるのに、ディーラーの値引きという甘い言葉につられるなってことだよ。

 

私の友人は、ディーラーに値引きしてもらうことしか頭になく、下取りが安すぎると言われても理解ができなかったようです。

で、私の友人は、その大学時代の友人に

友人
友人

じゃー、どうすれば下取りをもっと高くできるんだ?

と電話越しに聞いたみたいです。

大学時代の友人は、

大学時代の友人
大学時代の友人

俺ならもう30万円は高く買えるな。

ただ、大学時代一緒にバカやったお前だから嘘は付きたくないから言うけど、うちより高く買い取りしてくれるところはあるよ。

だそうです。

友人
友人

そんな買取業者あるなら教えてくれよ。

と気になって私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

買取業者っていっても何社もあるから、それを競わせて、一番高く買ってくれる業者を選べばいいよ

と答えてくれました。

 

友人
友人

どうやって競わせるんだよ。何軒も業者回る時間なんてないんだけど

と私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

一括で何社も査定してくれる便利なサイトがあるから、それを使えば良いんだよ。あとでLINEしておくから、試してみたら。じゃーまたな。

と言って、その友人は電話を切ったみたいです。

 

私の友人は、もっと高く買い取りしてくれる業者のことが頭から離れなかったようです。
 
 
結局その日は契約せずに、家に帰りました。
 
 
帰宅後、大学時代の友人からLINEが来て、こちらのかんたん車査定ガイドに無料申し込みをしてみたら、、、

 
なんと
買い取り額が50万円と言われたところがあったようです。

最終的に、私の友人は、

買い取り額      50万円
ディーラーの値引き額 30万円+10万円
合計         90万円

の値引きに見事成功して、新車ヴェゼルを190万円で手に入れたみたいです。

このかんたん車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。

⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたかんたん車査定ガイド公式サイトはこちら
 
 
だから、私もヴェゼルを買うときはまずはこちらのかんたん車査定ガイドで愛車の買い取り額を確認することにしました。
 
 
もしあなたもヴェゼルを買おうと思うなら、まずはこちらのかんたん車査定を試してみてください。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
それと、ご存知の方もいるかと思いますが、買い取り額は、季節地域トレンド海外輸出市況景気などによって左右します。

なので、事前に愛車の買い取り額を把握しておけば、ディーラーの営業マンからの提案を冷静に対処することができます。

慌てて契約してしまい、30万円損してしまうなんてことを避けられます。

もしいまヴェゼルを買おうと思わなくても、無料なので、まずは一度試しにあなたの愛車の買取額をチェックしてみてください。

もちろんあくまで査定です。
ですので、一括査定サイトを利用したからといって絶対に車を売る必要は一切ありません。

キャンセルもできますので、安心して、あなたの愛車の価値を確認してみてくださいね。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

ヴェゼルの値引きから30万円以上安く買えるかんたん車査定ガイドとは?

一括査定サイトは、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれます。
なので、結果的に、値段が吊り上がり、ヴェゼルの新車を
値引きよりさらに30万円安く購入できるというわけです。

こちらのかんたん車査定ガイドは、
現段階の一括下取りサイトでは最高レベルです。
 
 

その理由は、登録されている買取業者も「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりだからです。

しかも東証一部上場のグループ企業が運営していますので、安心して査定を任せることができます。

登録後、すぐに買い取りの見積もりをだしてくれます。
 
 

さらに買い取り価格もこのように非常に高いです。

車の査定を後回しにしていたら、30万円損するかもしれません。

ですので、無料ですので、今すぐこちらのかんたん車査定ガイドをお試しください!

電話連絡が多いと思ったら、メール連絡のみに変更できるのもかんたん車査定の利点です。
「車一括査定は電話が多いのでは?」と心配されているなら、ご安心ください!


 
 
入力時間はたったの45秒です。

まずはあなたのご希望を選びます。
愛車を売ってヴェゼルを安く買いたいなら、愛車を売りたいを!
あなたの愛車の今の相場を知りたいなら、相場を知りたいを選んでください。

その後はあなたの愛車のメーカー名車種名年式走行距離を選択するだけ。

 

 
年式、走行距離も大体でOKです!車検証を確認する必要はありません。
 
入力はお名前、電話番号、住所、メールアドレスのみ。
 

 

 
ほかは選ぶだけなので、45秒で査定が完了します。

▼かんたん車査定は45秒で簡単査定(無料)

最後まで読んで頂きまして有難うございました。